NAGASAWA 10本差しロールペンケース

日曜日に注文したら月曜日には発送連絡が来て火曜日にはお手元に! 仕事はええ。
Nagasawa original pencase
薄い箱から取り出してみると、これまたものすごく薄くて軽い。手のひらに吸い付くような牛革の感触がおもしろく、とりあえずすぐにプレミアムプロテクトで防水しておいた。
こんなに薄くて柔らかくて大丈夫なのかしら、と、不安になるほどには薄い。紐は長く、猫に飛びつかれないよう取り扱いに注意が必要。
Nagasawa original pencase
10本入れてみた。149でもぎりぎり入る。頭は出ない。だが、逆に146とか小さめのペンだと、下の方まで入っちゃって取り出しにくいかもしれない……と思ったら、ぺろっとめくれるので大丈夫だった。
Nagasawa original pencase
149、ヴィスコンティのレインフォレスト、中屋のシガー(ロング)などの大型ペンを入れると、なんか革がひっつれたようになる。たぶん使っていくうちには革が伸びてこなれていくんだろうけど、大型ペンを何本も入れるのはやめた方がいいかもしれない。
Nagasawa original pencase
くるっと巻いてみた。おや、背後に何か不穏な影が。
Nagasawa original pencase
巻いた感じは、恵方巻きよりは太い。ただ革が柔らかいのでいい感じで丸くなる。紐をぐるぐるして止めるとほどけたりもしないし。なるほど革の柔らかさはこのためだったのだなと分かる。
Nagasawa original pencase
正直、衝撃には弱そう。鞄に入れて持ち歩く気にはなれない。満員電車とか想像しただけでぞっとする。どちらにしろ自宅で使う目的で購入したので問題はないが。ぺろっと広げてペン皿の代わりにもなるし、10本入るペンケースで、ここまでコンパクトな物はほとんどないもんね。満員電車のお供はフルハルターオリジナルのWILD SWANS4本差しか、ハンス・オスターの4本差しで事足りてるからね。これらはどちらも堅牢で、ちょっとくらいぎゅうぎゅう詰めの電車でも安心していられる。
もしかしたらこの牛革、あんまり熟成を楽しむという雰囲気ではないかもしれない。でも手のひらに馴染む感じは最初からあるし、結構いい買い物したかなあと思った。これとマッジョーレの6本差しがあれば、自宅で使う分にはちょうどいいかな……黒革、おっさんくさいかなとも思ったけど、赤いステッチが気に入りました。まあ誰に見せるわけでもないしね……家で一人でにやにやしながら使う分には問題ないです。
今年に入ってから正直全然机に向かってないけど、そろそろ外堀から埋めて真面目にやろう。そのためにはまず万年筆にインクを入れよう。DiamineのTwilightはまだ見つからないが……

NAGASAWA 10本差しロールペンケース」への5件のフィードバック

  1. 深崎さん、こんばんは。
    Webデザインが変わりましたね。
    最初、間違ったサイトにアクセスしちゃったかと思いました。(笑)
    う~ん、なかなか魅力的なペンケースじゃないですか。
    先日私も携帯用にとアウロラのペンケースを注文しましたが、受注生産品ということで納品まで3ヶ月程度要すると言われたばかりです。
    ところで、Diamineのブルーブラックを瓶で注文されたんですね。(^^)
    どうかお気に召しますように。
    R&Kの限定品Blau Schwarzや、Pelikan EdelsteinのTanzaniteなどなど、まだまだブルーブラック好きの心をくすぐるインクがいくつかありますね。
    私の新年最初の収穫はDiamineのRacing Greenです。
    自身が所持していない、モンブランのRacing Green風の雰囲気が少しでも味わえたらな…と思って購入しました。
    ドイツのmissing-pen.deというお店の限定品で、ebayで購入できます。
    http://www.ebay.com/itm/Diamine-ink-in-Racing-Green-80-ml-only-made-for-missing-pen-de-/160797972912
    こちらはDiamine Racing Greenのレビューです
    http://www.fountainpennetwork.com/forum/index.php?/topic/225818-diamine-racing-green/

  2. >T. Hさん
    アウロラのペンケースって受注生産だったんですねー届くまで楽しみですね! 楽しみすぎて届く前に他の買っちゃう(ry
    レーシング・グリーンは何で廃盤になっちゃっちゃんでしょうねえ。今手元に3瓶残っていますが、使い切る前に腐りそうです……M800の緑縞に入れて使ってますが、Diamineでレギュラーになればみんな幸せになれるのに。ブルーブラックも楽しみですが。
    ペンケースは、携帯用にはならなそうですが、雰囲気も良くて気に入りました。おすすめです。

  3. ロールペンケース、持ってるけれどほとんど使ってないです・・・やっぱり持ち歩きには向かないので。
    私も持ち歩きはハンスオスター4本差しor1本差しです。
    そして、ハンスオスターのカバーを使い続けるために、北欧の匠でフェンテノートを定期的に買わなくてはいけないのですが・・・あそこは誘惑が多すぎるのが悩みです。
    ハンスさんの素敵な革製品が・・・
    いつの間にか財布が増え、1本差しが増え・・・
    あ、そういえば大橋堂から手紙が来てました。
    今日から丸善日本橋店で世界の万年筆祭ですy

  4. >Palermo さん
    北欧の匠は、魔窟ですからね……なるべく近寄らないようにしようと思っているんですが、ノートの在庫は、やっぱりあそこが一番なんでしょうか。安定供給してくれるんなら使いたいんですが。10冊位まとめて買うから送ってくれないかなw
    大橋堂からの葉書、受け取りました。今回は引越しのお知らせも含めて絶対に行かねばなりません(大義名分)いやでも万年筆は買わないですけどね! 高額医療の払い戻しもまだですし!(自分への戒め)

  5. お知らせです。
    まがまがしい赤と黒と金が素敵な大橋堂の万年筆(津軽塗)・・・ちょっと違う形(146みたいな形)でしたけどありました。
    あれ、これって定番化されたんですか?と聞いたら、なんかネットで書いてくれた人がいたらしく、問い合わせが結構あって、他の塗りに比べて手間がかかるので職人さんのところから出来あがってくるのに時間がかかるから、1年くらい待ってもらうことになるよってお客さんに伝えたら、それでもいいから欲しいといわれたそうです。
    それで、作らなくちゃいけないのかーって思って作ったそうです。
    この値段では出したくないんだけど、初めに出しちゃったからかえられないんだよねーって言ってました。
    すごくキラキラして素敵だったので、いま手元にあります。
    買う予定なかったんですよ?
    今回は。
    ブログってすごいなー(遠い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。