Montblanc 146 50年代(テレスコープ)

Montblanc 146 50's
最近万年筆を買わなくなった。経済的な理由が第一だが、第二に、この万年筆を手に入れてなんだか物欲が満足しちゃった、というのもある(負け惜しみではない)
50年代、テレスコープ式のモンブラン146……なんか行き着くところまできちゃった感じ。
写真は上から順に、現行(プラチナライン)、70年代、50年代。みんな微妙にサイズが違う。50年代が一番小さいが、テレスコープ式ということで、重量は一番重いかもしれない。手触りもみんな違う。しっとり手になじむのは、やっぱりセルロイドの50年代だと思う。
Montblanc 146 50's
ペン先も、左から現行、70年代、50年代。ペン先部分が一番薄く、弾力があるのが50年代だ。ペンポイントは一応OBBということになっているが、すこぶるスタブっぽい線が引ける。70年代は質実剛健な感じ。厚みがあって、でもペンポイントはスタブ調(これはそういう風に調整してもらってるんだけど)さすがに書き比べてみると、現行は一番分厚く、堅い。どっちがいいとかはもう好みの問題以外の何物でもない。
Montblanc 146 50's
ホワイトスターも右端の50年代だけアイボリー。この色がいいんだよなあ、経年変化というか、レトロ感があって……
Montblanc 146 50's
ペン先。イリジウムに厚みがほとんどない。摩滅してるんじゃなくて、元々薄く作られているが故の弾力……これは、みんな血眼になって探すわけだよ。値段が高いのも当たり前だよな……ああ、ちなみにこの万年筆、同軸がすけすけになって吸入機構が見えてたんで安く買えました! やったね!(とてもじゃないが手が出ない額だよ、デッドストックとか……)
しかし、物欲が満たされちゃうのも無理はない。私は元々ビンテージモンブランの書き味が好きで、ビンテージといえば馬鹿の一つ覚えのようにモンブランを集めていたのだが(あとオノトを少し)この146は歴代最強の好みの書き味。
テレスコープのモンブランはすごいらしい、と噂を聞いてはいたものの、高すぎて隣のブドウは酸っぱいに決まってる、と斜に構えていたのだが、ごめんなさいでした。物欲が一気に失せるほど手放せないペンになりました。
じゃあ、三島由紀夫が使ってたっていうテレスコープの149ってどんだけいいの……?
ここに新たな欲望の萌芽が生まれ、でもなんだかそれを手に入れたら自分の万年筆遍歴が終わりそうな予感。たぶんそんなことにはならないし、物欲が治まったというのも錯覚かもしれないけど。
とにかく、50年代の146はすごくいい。自分の手に合うのは149より146かもしれない。そして重さが心地よい。テレスコープ機構が入ってるのでかなりのリアヘビーになるが、私は後ろが重い方が好きだ。ペンに振り回されるような気がするくらいがちょうどいい。これを買ってから、146にキャップをはめて書くのをやめた。
お手頃価格だったとはいえ、プレラを買うようにはいかないのでお財布には大打撃だったが、後悔はしていない。反省はちょっとしている。文章を書くのが楽しい。インクはR&Kのヴァーティグリーズを入れている。

Montblanc 146 50年代(テレスコープ)」への8件のフィードバック

  1. はじめまして。楽しく読ませて頂いています。
    初めて146を手にした時、確かに物欲がなくなった気がしていました。しかし次にもう1本欲しい病が発症。細字はあるから、太字が欲しい・・お気をつけくださいませ。
    仔猫を拾ったそうですね。お世話も大変だと思いますが頑張ってください。捨て猫でしょうか?僕は猫のボランティアをしてますが毎日罪のない多くの猫が殺処分され捨てられています。繋いだ命です。一緒に幸せになってください。

  2. ご無沙汰しております。
    久しぶりにコメント投稿させていただきました。
    我が家にもいつの間にかテレスコープが5本に増殖しておりました。(※但し144と644)
    50年代のモンブランは身につけているだけで嬉しくなる魅力のあるペンですね。通勤電車の中でもアイボリーの鈍い光を見せるマークに思わずニンマリです。確かにプライスが少々高いのが難点。縞柄、鶏冠状のペンポイント等のものは特に・・・。
    秋らしくなって参りましたね。季節にあわせたインクを入れて年老いた両親に便りでも出してみます。
    Sailorのグレナーデを使ってみましたが、意外とイイですよ。
    フローは明らかにカルやモンより上だと思います。

  3. 50年代146なんて、羨ましくないんだからねっ!!1
    最近物欲がいい感じに落ちてきて、日々落ち着いて使えるものがあれば十分と思っていたというのに…
    アイボリーのホワイトスター綺麗ですね。
    思えば、物欲を刺激され、気がつけばDELTAや149などに手元に複数本あるのですが、146はまだ持っていないんですよね。
    知り合いに書かせてもらったときに、すごくバランスが良くていつか欲しいと思っていたのですが。
    ヴィンテージだと、50年代のアイボリーホワイトスターが欲しいので、146は高根の花です。

  4. >ひでよしさん
    字幅がありましたねー……気をつけます。
    猫は捨て猫か、野良の子供かわかりませんが、1匹だけで鳴いてました……これで4匹になってしまいました。大変かわいいです。野良猫を目にする機会も多いですが、ボランティアをされている方には頭が下がります。どうぞこれからも猫を助けてあげてください。
    >takayaさん
    お久しぶりです。テレスコープ、いいですよね……142とかもやっぱりいいです。ああいうペンはもう現行じゃ作れないんですかねー、もったいない。
    グレナーデ、さすがセーラーですね。今、結局カルティエもモンブランもだめで色織々の奥山を使っています。あれがグレナーデに当たるんですかね。こちらもフローはいいです。快調です。
    > Palermoさん
    きれいですよーw(速くこっち側に……)
    146はオーソドックスすぎて逆に手が出ない時期がありましたが、買ってみたらやっぱりよかったです。増殖しました。ビンテージはなぜか「モンブラン!」って固定観念があるみたいです。

  5. 146素晴しい名品です。小生149は一本所有して居りますが、太すぎて携帯には不向きです。146は日本人の手に合い、これは携帯に最適です。
    146と云っても、年代でモデル・チェンジがあるのですね。微妙に長さも異なるようです。それにしても素晴しいコレクションです。

  6. >時代錯誤さん
    私はどちらかというと、キャップを外した状態の149のほうが大きさ的にはしっくり来ます。太軸が好きだからかな。たしかに、146はジャストサイズなんですが、キャップをはめて使うか外して使うか、未だに迷っています……どっちもあとちょっと、みたいな。
    146は、私が持ってる中では50年代が一番小さいと思います。一番重くもありますが。一番気兼ねなく使えるのは70年代ですかねえ。

  7. はじめまして
    以前入手なさった50年代のモンブラン146、その後どのような状態でしょうか?もし可能でしたらまたブログで紹介して頂ければ幸いです。
    私は万年筆初心者ですが、いきなり50年代の146に惹かれつつあります。。。。

  8. >さるさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    146ですが、今でもローラー&クライナーのヴァーディグリースを入れて使っています。なかなか調子がいいです。最近は修理してくれる所があまりなくて、壊れたらどうしようと戦々恐々していますが。
    この146はペン先のしなりが独特で、とても気に入っています(と、背中を押してみる)金属加工技術が違うんでしょうかねえ。素人なのでよく分からないんですが……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。