moleskine限定 星の王子さま

モールスキンはもう卒業したと宣言しておきながら、どうしてもスルーできなかった限定版『星の王子さま』……ちなみに、楽天で検索するとき『星の王子様』だとワキ文具しかヒットしないので注意。『様』ではなく『星の王子さま』が正しい(岩波書店『星の王子さま』)参照)
今回スルーできなかったのは、私が『星の王子さま』が大好きだから。高校の時に買って以来、今でもたまに読み返す。
Moleskine limited edition : Le Petit Prince
今回、プレーンとルールドで表紙が違うので、当然ながら2種類買った。プレーンは、岩波版の表紙にもなっている『小惑星、B―612番の王子さま』で、ルールドは本の内表紙になっている鳥で空を飛んでいる王子さま。これは本文中に説明がないのでどんなシーンかは不明……
Moleskine limited edition : Le Petit Prince
ラージもスモールも同じだが、おまけで入っているペーパークラフトが異なるため、これは買わざるを得ない。でも中身はどうせモールスキンだし、スモールのルールドは使わないだろう、と言うことで理性が勝って、スモールはプレーンだけ購入。
Moleskine limited edition : Le Petit Prince
ルールドの表紙。白い線の部分はへこんでいるので、持ち歩いてもすれちゃったりはしなさそう。まあ、持ち歩きもしないだろうが。
Moleskine limited edition : Le Petit Prince
プレーンの表紙。多分一番有名な絵だよなあ、と思いつつ、本当はルールドの表紙の方が好きなのだった。裏表紙にウワバミでも小さく書いておいてくれれば良かったのに、と思いつつ……
表紙には、どちらも「大切なものは、目に見えない」とのフランス語表記。裏表紙の内側には「僕たちは不変なものを書き記す」のフランス語表記がある。
Moleskine limited edition : Le Petit Prince
見開きもイラスト入り。これは恐らく、王子さまが初めて地上に降り立ち、そして自分の星に帰って行った砂漠だと思われる。主人公が「これが、ぼくにとっては、この世で一ばん美しくって、一ばんかなしい景色です」って言ってる砂漠……王子さまが蛇に噛まれた後だよ……星の数は違うけど多分そう。
Moleskine limited edition : Le Petit Prince
裏表紙は王子さまが帰っていった星空と、おまけのペーパークラフト。ラージの方は、キツネと話をする王子さまで(以前星の王子さまの舞台をやったとき、キツネの役はローリーだったな……ちょっと見たかった)
Moleskine limited edition : Le Petit Prince
スモールの方は夕陽を眺める王子さま。
まあ、鋏を入れるのが怖いので、どちらも作ることはないだろうが。
モールスキンそのものとしては、一時期のひどい匂いもしないし、ゴムも結構強くなっていてやはり品質は戻りつつあるのだと思ったが、いかんせん紙がなあ……紙を戻してくれれば言うことないのに。いつもで戻ってくるのに!
もったいないのでまだ何も書いていない。使ってこそのノートだが、どうしてもあのインクの発色が許せない……ボールペンで使うか、絵でも描くか……まあ、保存用ということで。
本当は、気に入った写真とかを貼り付けたりする使い方に憧れているんだが、まず写真をプリント有るとするのがめんどくさい、と言う致命的な欠陥を持っている自分に出来るとは到底思えない。ああいうのは、小まめな人にしか出来ないよね……コラージュとかやってみたいんだがなあ。

星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま―オリジナル版
サン=テグジュペリ
岩波書店 2000-03-10

moleskine限定 星の王子さま」への8件のフィードバック

  1. あら、かわいい。
    モールスキンはいまだに一度も買ったことがないのですが、これは欲しいな。
    >『様』ではなく『星の王子さま』が正しい(岩波書店『星の王子さま』)参照)
    →このあたりの心遣いがニクイですな。
    おっしゃ、GWは何にも予定が無いのでこれを買いに行きます☆

  2. いつもブログを楽しく拝見させていただいております。
    私もモレスキンの裏抜に私も悩んでおりました。ラミーのBBを試したところ気にならない程度でした。チャイナスキンをコレクションするよりは建設的だと思います。
    是非、お試し下さい。

  3. >ウサっ子三昧さん
    モールスキンはちまたの噂に違わない紙質なので、万年筆で使うなら観賞用もしくはインクをかなり選ぶですよ。今回は観賞用ですかね……
    >凧一郎さん
    モンブランBBも大丈夫でした。裏抜けはしませんが、発色はもの悲しい感じになります……LAMYのBBはまだ使ったことがないですが、機会があれば試したいです。情報ありがとうございます。

  4. そうなんだー。
    インクの件、参考になります。ありがとうございます。
    昨日せっかく三宮まで行ったのに!ナガサワも行ったのに!買って帰ってくるのを忘れてました(号泣)。
    服買って満足してたからだと思います。あーあ。
    そういえば、デルタのスプリングがウチに来てから、びっくりするほどペンへの物欲がおさまってしまいましたよ。
    連休中に全部のペンのメンテをしたら、なんと半日かかってしまって、改めてカウントしたらなんと50本。
    …そりゃ半日かかりますよね。
    50本、キリのいいところでスプリングが来たからでしょうか。今はヤフオクのウォッチリストに万年筆は入っておりません。
    今は物欲を刺激する新たなペンの発売がないことを祈るばかりです。

  5. >ウサっ子三昧さん
    そんなのは一時的な効果じゃないですかー……すぐに物欲がわき上がってきますように!
    ああ、私もメンテすれば良かったな。DIAMINEのTEAL入れてたペン、切り割りにいつの間にか滓が溜まってましたorz このインク怖い……色は好きなのに……
    王子さま、無事入手されることをお祈りしますw

  6. こんばんは。
    見つけてしまいました!
    物欲を超くすぐるペン…。
    http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p236376364
    調べてみたら、レッドやグレーもある様子。
    このオクでは買わないけど、日本に入ってきたらヤバいです(滝汗)。
    レッドだったら、85周年レッドへの諦めきれない物欲が鎮火しそうです。
    海外サイトだと30,000円しないですもんね。
    日本ではいくらになるのかな。どうやらニブはタレンタムと同じ(つまりオプティマと同じ)らしいので、だいたい同じぐらいかと。
    イタ万の中では一番内外価格差の小さいアウロラなんで、期待しちゃってます…。はぁ。

  7. 「ハンスオスター」を検索語としてこのブログに行き着き、初めて存在を知りましたが、写真、内容ともに素晴らしくて、自分のブログがお恥ずかしくなります。
    最近は、「革時々万年筆」くらい、あるいは「革時万年筆」くらいか、革ばかりになっていますが、やはり万年筆愛好家特有の世界を感じ、共感と納得をしています。
    これからもよろしくお付き合いください。

  8. >ウサっ子三昧さん
    やっぱり物欲は限りないですね! 同じような色ならペリカンのエターナル・アイスが欲しいとか思ってないですよ? あと先日レモン社でアウロラのプリマヴェーラ見て綺麗だなあと思いました。思っただけです、ほんとに。
    >ペリカン堂さん
    お褒めにあずかり光栄です。ペリカン堂さんのブログの革製品、いつも格好いいなあと羨望の眼差しでは意見しておりますw 革製品と万年筆は、結構切り離せないものですものね……
    こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。