最近のノート事情

最近品質が戻りつつあるという噂のモールスキン(どうもモレスキン、という呼び名には抵抗があるな……)だが、モールスキンにこだわらずとも、他にも180度ぺたりと開いて書き心地のいいノートはあるわけで。
lleno糸綴じノート
ライン(7mm)、無地、ドット(5mm間隔)の3種類の展開があるノート。レトロシリーズのslim line(ライン)購入。
サイズは、モールスキン(ラージ)よりも縦が1cmくらい長い。これはサイトによると、

幅14.5×高さ23.5cm(縦横比約1.62)とほぼ黄金比率1.618に近いサイズなのです。

とのこと。
本文紙は「用紙は薄クリーム色のキンマリ70kg厚」ということで、書き心地がすごくいい。紙はクリーム色で罫線も濃すぎず、いいバランス。モールスキンよりも厚手で、抵抗なく書ける感じがする。インクのノリもいい。手持ちのインクではほとんど裏抜けも滲みもしなかった。
表紙はハードな紙製なのだが、ここのノートは購入後、痛んだらいつでも「基本料金350円」で表紙のリカバリーサービスを受けられる。背割れをマスキングテープで補修するモールスキンよ……。
まあ、ゴムバンドもポケットもないので厳密には『モールスキンの代替品』とは呼べないが、机に向かってゆっくり書くにはいいんじゃないかしら。表紙もかっこいいのが多いし、本棚に並べておくとにやにやしながら眺められるかも。
・美篶堂:ハードカバーケースノート(A5)
中身だけ買ってかっこいいノートカバーに入れればいいかなあと思った。
表側の表紙がぺらぺらなのが気にかかるので、ノートカバーで隠れることを前提に、厚紙を切ってマスキングテープで貼り付けて<一見ハードカバーノート>になるように改造してみた。
普通の厚紙を使ったので見た目が美しくないが、ハンズとかで綺麗な厚紙を買って貼り付けたらそこそこの見栄えになるんじゃなかろうか。
しかし基本的にはリフィルなので、日記帳みたいに長期保存したいときに心もとない気がする。じゃあみすずノート(マーブル染め)にすればいいじゃん、と思うけれども、これって罫線がないんだよね……痛し痒し。
紙質は言うまでもない。ウォーターマンのブルーブラックがあんまり緑変しない素晴らしい紙です。コストパフォーマンスもよろしいし。
・Rhodia Webnotebook
こないだモールスキンを買って以来、Amazon.comに監視されている……先日広告メールが届いた中に、以前コメントで教えてもらったWebnotebookが入ってた。
これはまだ実物を見たことはないんだが、なんかよさそうな感じ。本国でもおおむね好意的に受け入れられているようだ。20ドル。今現在のレートで1750円程度。日本だったら3000円近くしそうな感じだが。これは買いなんだろうか……雰囲気的には、QUO VADISのHabanaっぽい感じがするんだがなあ。色味とか、紙の厚さとかね……
サイズ展開はA5とB6。「8.25×5.5″ and 96 sheets」だって。罫線と無地。ゴムバンド、ポケット有(本家よりも丈夫そう)オレンジと黒の2色展開。どうせ買うのは黒だろうがね。
これは候補に入れていい気がする。そうやっていつも失敗してノートばかりがたまってゆくんだけど。
最近の、罫線ノートに関する状況はこんな感じ。無地はグムンドとかあるしもういいや、と悟った。モールスキンが後2冊ほどありますし。とりあえず褪せる必要はないのだった(Rhodia Webnotebookも無地はあるようだし)

最近のノート事情」への2件のフィードバック

  1. どっちにコメントしようか迷ったのですが、今回は三宮のナガサワでトライトラムスとオロビアンコのコラボノートを取置きしてもらいました。
    ええ、趣味文に載ってたあのノートですよ。
    表紙の型押しがかわいいなぁと思ったんだけど、あれって紙製の表紙らしい…また手元に届いたらレビューします。
    最近は使いもしないのにオックスフォードのカラフルな方眼ノートに見せられて大人買いしちゃいましたよもう。はあ。
    ロディアっぽい紙で裏抜け無し。でもロディアよりおしゃれっぽいってことで。
    でも、本文で紹介されてたロディアのノートほしいなぁ。
    最近のハバナは品質が上がっているようですが、ハバナ臭いノートを買って2冊も失敗してるから。
    またノートのレビューお待ちしてます。
    私にとっても万年筆と同じぐらい大事な情報なんで。
    ではではまた~
    追記:パッション、調整に行ってきました!すさまじく書き味の良いペンになって一緒に帰ってきました。
    調整してくださる方(ペンアンドメッセージの吉宗さん)とは、何本も何本もお付き合いさせていただくことで、少しずつお互いの技術とペン先の好みが歩み寄って、どんどん素晴らしい書き味に調整してくだっていっている気がします。
    もし関西にお越しの折があれば、ぜひ足を運んでいただきたいお店です。

  2. >ウサっ子三昧さん
    物欲全開おめでとうございます。あの雑誌は恐ろしい雑誌ですね……今回は助かりましたが……
    webnotebookは、なんか無地の方が見つからないんですよね……そのうち日本でも買えるようになりそうですが。
    追記)
    パッション、良かったですね(羨ましくなんかないよ!)あのピンクの軸は綺麗でしたねー……
    調整してくださる方が自分の好みを知っててくれると嬉しいですよね。私は良く川窪万年筆さんに駆け込むのですが、最近はもう、猫と遊んでいるうちに万年筆が私好みに……ペンアンドメッセージさんも一度行ってみたいです。無傷では帰れそうにありませんがww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。