モバイルプリンタ PoGo

プリンタ・スキャナが存在しない我が家に救世主、とばかりに先日購入した”インスタントモバイルプリンター”PoGoであるが、専用用紙が30枚入りで大体1980円前後、インクではなく熱で画像を焼き付ける特異な形式といえど、結構遊んでいると割高になることが事後発覚。でも裏面がシール。ノートにぺたぺたはって遊べる。まあ、普通のプリンタを買ってシール用紙に印刷すれば……
Pogo & Dolcevita
ドルチェヴィータのミディアムと比較。ちょっとしたデジカメよりは大きいが、私のコンデジよりは小さい。手のひらに馴染むずっしりとした重さ。カバンの中に入れて持ち歩いて飲み会なんかでちょっと携帯電話で撮影した写真をその場で印刷! なんてユーザー層を想定していたらしいが、残念ながら私はインドア派なので飲み会には行かないし、そもそも携帯電話のBluetooth機能を使って本体に写真を送信するらしいが、私の使っているDocomo端末とは相性が悪いそうだ。まことにもって申し訳ないが、開発者が思い描いたような使い方は、私にはできそうにない……大体合コンって都市伝説でしょ?
Pogo & Dolcevita
印刷した写真はこれ。コンデジで撮った写真をPCに保存、そこからPCのBluetoothを使って転送して印刷する。元の写真サイズは横が2500pxくらいあったはずだが、印刷してみると劣化したjpeg画像のようだ……正直、画質は期待していなかったがまあこんなもんか、という程度。あくまでプリンタではなくお遊びツールだなあ、まあお遊びしたくて買ったんだからいいけど。
あと、調子に乗って2~3枚続けて印刷すると、下の方に青い線が出るようになる。これはセットした用紙を裏返して吐き出させるとヘッドクリーニングの代わりになってすぐに消える。いろいろ手間のかかる子である。
写真は名刺よりも小さいサイズ。
正直、私のノートは文字ばっかりで自分でも読み返しづらいので、これでヴィジュアル系を補完するぜ! と思ってたんだが、なんかいまいち使いこなせてない感じ……でも面白いので、30枚入りの用紙を使い切りそうな勢いです。出力サイズが小さいから、ネットで拾った小さめの面白画像を印刷しても結構綺麗に出たりするし(ドットは粗いが)欲しい万年筆の写真をスクラップブッキング……物欲増強……悪循環……
しかし、今までプリンタなしで長いこと過ごしてきたんだが、手軽に紙媒体にデータをアウトプットできるって言うのは結構楽しいし便利なものだな……PCに保存しておくだけならかさばらないし検索性も高いけど、こうやって手で触れられる形でそこにあった方が印象は強いような気がする。それが手書きにこだわる理由でもある。
本当に綺麗に出力したいならまともなプリンタを購入した方がよかったろうが(同じくらいの値段でまともな奴が買えたような気がする)スイッチ入れるだけで簡単にシールを作れる、っていう精神的なハードルの低さは素晴らしいと思う。ツールのひとつとして使いこなせば面白いことができそうだった。

モバイルプリンタ PoGo」への2件のフィードバック

  1. 合コンは都市伝説かもですがUntil dawnはワタクシしょっちゅうです。
    スナックとかラウンジだとこういうの女の子に受けそうですね(ッテコラオヤジ!ポカ☆
    確かにこれいいなと思った商品をPDFにしてPCに落としてもあまり見返したりしませんが、プリントアウトしたものは結構いつまでも見返したりしますね。というか私の場合印刷したものは大概買ってしまってる・・・
    というわけでペリカンのロイブル買っちゃいました。
    というのも舌の根が乾かないうちに、スワンのレバーフィラーが無茶苦茶安価で落札できちゃったもので・・・
    考えてみると、深崎様からロイブルの話がでてすぐペリカンのロイブルのサンプルを印刷したのが運の尽きというか・・・インク買うならペンも買わなきゃね!ってどういう理屈なんだそれはというのと、そのスワンがちょうどのタイミングで出品されていたのが運の尽きというか・・・
    催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
    もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

  2. >ardbeg32さん
    いやいやいや、そこは人の所為にしてはいけませんwww運命ですよwwwいいなあスワン。
    私も自分で作ったインク見本帳をたまに見返してはにやにやしています。アウトプット大事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。