ヴィスコンティ ボトルインク/ブルー

先日行った世界の万年筆祭で、何も買わずに帰るのは何だか悔しかったので、前々から狙ってたヴィスコンティのブルーインクを買ってみた。もちろん、ヴィスコンティの万年筆は持っていない。何ヶ月前かに丸善で訊いたらメーカー欠品って言われて諦めてたんだけど、もう入れる万年筆が思いつかないけど、目の前にあったらしょうがないよね。
VISCONTI BLUE
ガラスペンにて。フローに関しては不明。
色合いは、赤みのない青。比べてみると、麻耶ラピスが紫に見えるような勢い。彩度は高いが、目に煩いほどではない。混じりけのない『青!』といった感じ。
VISCONTI BLUE
青いなあ……もうちょっと暗かったらいいのになあ……
勢いで勝ってみたものの、現在万年筆は満席です。麻耶ラピスの代わりに149に入れてもいいが、あまり印象は変わらなさそう。麻耶ラピスのほうがより赤く、より暗い。しかしなぜか全体的な印象は似通っている。ふしぎ!
色は綺麗だが、割高なのといつかインクを全部こぼしてしまいそうで怖い。プラスチックのケースに入っているが、吸引時は足元がぐらぐらする。この瓶のデザインは格好いいと思うけど。
とりあえず、何かに吸わせて使ってみたい色ではある。青系ばっかりそんなに集めてどうするの、と私の中の理性さんが叫ぶけど、とりあえずローラー&クライナーのヴァーディグリーズは欲しいな、と画策している。

ヴィスコンティ ボトルインク/ブルー」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    鮮やか!ですね。
    R&KのVerdigiris、逝っちゃって下さい。感性豊かなレポを是非、拝見したいです。
    PRの新色のEbony Blue、気になってます。Verdigrisと似ている…というレポも見ましたが…。

  2. >Sixxさん
    逝っちゃいますかー……物欲とは恐ろしいものですね。しかし、PRのエボニーブルーと似ていると言うことは、緑が強いんだろうか……いや、でも、ペンクラスターさんで見たときは青だと思ったんですが。やっぱり書かせてもらえばよかったかしら。
    今更気づいたんですが、青系ってどこのメーカーにも必ずあって、みんな微妙に違うから探し始めたらきりがないんじゃないかと……!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。