ドクター・ヤンセン ナポレオン・ボナパルト

Dr.JANSEN NAPOLEON BONAPALTE
2006年に買ってから長らくモンブランの黒ばかりを入れてきた149EFに、とうとう別のインクを。
ドクター・ヤンセン『ナポレオン・ボナパルト』である。149に皇帝……これほど相応しい選択もあるまい、と一人悦にはいる。
ついでに、同じ色疑惑のあるジュゼッペ・ヴェルディもつけてみる。こちらはオールド・ナポリのBニブで書いた。2006年当時は細字が好きだったんだなあ。
Dr.JANSEN NAPOLEON BONAPALTE
限りなく青い紫のような感覚で、ブルーブラックというか紺色。綺麗な色だが、旧モールスキンのクリーム色の紙に載せて乾くと色味が抜けて経年変化で色褪せたような渋い色に変わる。それはそれで味があってよろしい。
EFでも潤沢なフローが楽しめた。色味も好きだし、優秀なインクだと思う。濃淡も表情があって面白い。
安定供給さえしてくれたらなあ、と切に願うインク。
ヴェルディとナポレオン、どちらを入れているのか常に認識していないと恐ろしいことになる気がする……!

ドクター・ヤンセン ナポレオン・ボナパルト」への4件のフィードバック

  1. ブルーブラック系では、最近プライベートリザーブのMidnightBluesというのが気に入っています。プライベートリザーブには、BlackMagicBlueという、いかにも良さげなネーミングのものもあるのですが、こちらはほとんど紫で好みじゃなかったです。

  2. >takoyakiさん
    プライベートリザーブはぜひ試してみたいです。シェルピンクはMニブで使ったらかなり乾きが遅かったですが、使えないほどではなかった。ミッドナイトブルーズは暗い青系ですか?
    危うくブラックマジックブルーを買ってしまうところでした。助かった。web色見本に対して疑心暗鬼が芽生えそうです……

  3. >ミッドナイトブルーズは暗い青系ですか?
    うまく言えませんが、暗くはないです。なんというか、自分的には“正当なブルーブラック”という感じがしています。でも、本当に個人の感覚なので、やはり色見本と同じで信用に足るかどうかは……。それはそうとプライベートリザーブは安いので助かりますね。
     
    暗いブルーブラックは、自分も欲しくてやはりインク工房で石丸さんに作ってもらったのがあります。オーダーのときは、ブラックとブルーブラックの中間くらいのものと、というわりとアバウトな言い方だったのですが、結果的にはすごく気に入ったものを作ってもらえました。紙によって、ブラックに見えたりブルーブラックに近くなったりします。ちなみに、そのときに同行した友人は、ハイライトのパッケージみたいなちょっとくすんだ青というリクエストで、そちらもまた良いのを作ってもらっていました。

  4. >takoyakiさん
    ブルーブラックかあ……ちょっと俄然興味が出てきました。
    先日買ったヤード・オ・レッドのBBは、なんか油膜が浮いてて……ガラスペンで書いてみたら色の周りに透明な脂がにじむし……散々でした。色合いはすごく好きなのに。あんまり売れてないみたいだから古かったのかなあ。しかし危険すぎて万年筆には入れられません。くそう。
    インク工房で作ってもらった青黒インクは私もお気に入りで今146に入れてるのですが、太字だからか赤光りしてしまいます。赤くならないようにしてもらったはずなのですが、やっぱりフローの関係なのかな……でも色は素敵です。また行きたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。