エルバン ブルゴーニュレッドとテンダーローズ

pink / red ink review
HERBINのROUGE BOURGOGNE(ブルゴーニュレッド)とROSE TENDRESSE(テンダーローズ)とうとう入手。いい加減にしろ自分。一応比較のため、持ってる赤(ピンク)系のインクを全部並べてみた。
ブルゴーニュレッドは落ち着いた赤紫。確かにブドウっぽくはあるかな。濃淡も美しく出るので表情も豊か。
テンダーローズは、「え、ローズ?」みたいな紫。ピンクと言うよりは鮮やかな紫。面白い色なんだがな。イメージしてた『ローズ』と違うような。でもた確かにこういう色のバラってあるよなあ。朝露に濡れた花、と言う発色の良さ。
今回は、つい一緒に買ってしまったペリカノジュニアで試し書き。これもコンバータ探さないとなあ。付属のカードリッジの長さに驚いた。書き味は噂通り。
しかし、ピンク系のインクを探し続けて、結局一番最初に試したプライベートリザーブのシェルピンクに落ち着いてしまいそうなのが悔しいんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。