インクとモールスキン

結局ソワレには純正DELTAのインクを入れた。ボトルインクを買いに池袋へ。先日の失敗を教訓に、今度はちゃんと在庫確認の電話を入れた(ちょっと前にやっぱりデルタのカートリッジインクを買いに行ったら「つい先ほど大量にお買い上げになったお客様がいらっしゃいまして……」と言われて買えなかった事がある)(どんだけ買ったんだよ)
ペン先とコンバータを水洗いすると、モンブランの黒はなんだか紫がかっていて、デルタの黒は粘土の高い『黒!』って感じの色だった。モンブランの方が、書き味もさらさらしてる気がする。
他に持ってるDELTAのソラリス(このソラリスの所為で万年筆道へ足を踏み入れてしまった)はカードリッジ式なので、ボトルインクと比較してみる。
使ったのはモールスキンのPlain。これはモンブランの黒でも裏写りするちょっと頼りない紙(モンブランのブルーブラックでは裏写りしなかったので、多分インクとの相性がちょっと厳しいと思われる)
結果としては、カードリッジインクでは裏写りなし。ボトルインクでは、モンブランほどではないものの、微妙な裏写りが認められた。乾いた跡を比較してみても、ちょっとボトルインクの方が粘土が低いかな、と思う。ペン先としても、ソワレの方がインクフローがいいように調整されてるから、インクの量もかかわってきてるのかもしれない。もともとソラリスはインクフローが悪くて調整してもらおうと思ってたし。それでもやっぱりカードリッジインクの方が黒が濃いような気がする。
ちなみにモールスキンでも裏写りするのはPlainだけで、他のSquaredとかRuledではモンブラン使っても全くない。Plainだけが……! これが一番使うのに……!
まあ、インクとペンと紙の相性を理解して使い分けるのも、なんと言うか万年筆の手のかかるところで、そこが可愛らしいって言うか愛らしいって言うか(病気です)(ry
で、ボトルインクを買ったあと、つい出来心でブーツを買ってしまったわけです。想定予算の約3倍の……! だってシーズン終わってるしサイズは見つからないし……! 太陽が眩しかったから……!(店を出たら、晴天だった空が全面雲に覆われていました)(これなんてメタファー?)
結論。
ソワレはかなり私の手に合っている。それだけはガチ。

インクとモールスキン」への1件のフィードバック

  1. フローをたくさん集めました

    ・ ゲーセン・今日の結果(6.1)・山田優『REAL YOU』お宝セクシーショット・インクとモールスキン・ 今日の練習日記・ レッスルキングダムIN東京ドーム070104。 ゲーセン・今日の結果(6.1)(にぎやか きーちゃん家) … チェーンスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。