Faber-Castell シャープペンシル

正式名称わかんないんだけど、FABER-CASTELL クラシックコレクション シャープペンシル(ペルナンブコ)を主人から誕生日プレゼントにいただきました。まあ、新品じゃなくて中古だし、楽天のポイント大分突っ込んだんで、正味半角以下のお値打ち価格だったのですが(ちなみに私が自分で楽天で検索して「これにしてください」といった)(プレゼントの定義とは)いい買い物したな!

木軸熱は未だ冷めやらず、木軸シャーペンの極北といったらやっぱり伯爵だろう、ってことで思いついたときに検索してたんだけれども(新品高いので中古狙いで)ちょうどいいタイミングでいい感じのやつがでてたのでポチってしまった。

中古だからそもそも木目選べないし、通販サイトの写真が本当にそのものか分からないし(使い回してるかもしれないし)危険な賭といえば賭けだったんだけど、また今回も勝ってしまったな……

手前がペルナンブコ、奥はスネークウッドの万年筆(リンク先はボールペンだけど)同じ木軸だけど質感がちょっと違う。スネークウッドの方が油っぽいというか、しっとりつるつるしてる感じがする。ペルナンブコは凹凸が指先にほどよく伝わってくる感じ。あと、万年筆の方が軸が太い。

しかし驚いたことに、あの巨大なキャップを付けた万年筆よりもペンシルの方が重いのです。量ってないけど感覚的に。これは普段真鍮のシャーペンを愛用している私(重いペン大好き)にしても重いです。KAWECOのペンシル(ブラス)より重いからな。

なぜなら中のユニットが真鍮だからだ。奥の方はオンドロ(ウッド)の中身。クラシックの方はパーツが金属で可愛いですね。まあでもユニット抜いてもやっぱり重いので、重量のほとんどはノックするところとクリップだと思う(エンドキャップっていうの初めて知った)

これもオンドロもノックじゃなくて、エンドキャップを捻ることで芯を出すんだけど、最初は慣れなくて苦労した。ついノックしちゃう。書いてて芯が短くなったとき、ノックの方が少ないアクションで出せるので楽だなあと思う。ツイスト式は一度持ち替えて両手使って捻らないといけないから……まあそれも儀式だと思えば楽しいのか? 一旦脳をクールダウンさせるのにはいいのかもしれないな……分からんけど。

ガイドパイプがないタイプ。折れないのかなと思ったけど、0.7mmの所為なのか筆圧高目で書いててもまだ折れたことない。金属部分が長すぎてペン先に近い方を持ったら滑るかなあと心配してたけど(一度も実機触ったことないのにポチった)杞憂だった。ちょうど金属と木が切り替わる部分の辺りを持ってるらしい。

滑るかなといえば万年筆の方も金属部分が長いからどうかなと思ってたけど(こっちも触らずにポチった)つるつるしてるけど手が滑るってことはなかったわ。いろいろ考えてるんだな伯爵も……

芯は0.7mm。せっかくなのでカランダッシュの芯いれてみた。12本で880円というアホみたいな価格設定だけど、今まで使ったシャー芯の中で一番書き味がいい……これはHBなんだけど、Uniとかいつも使ってる日本の芯よりちょっと濃いめ、軟らかめなような……? 普段はBとかだけど、それに遜色ない軟らかさ。滑らかさ?

重たいから振り回されるかと思うけど特にそんなこともなく。2行目の辺りみたいに芯が丸まってきたらシャーペンを回しながら書く癖があるので、角度によってはクリップが邪魔だなあ、って思うくらい。クリップは本当に邪魔だけど、あるのとないのではかっこよさが段違いだからあった方がいいと思う。でも邪魔だけど。

高いシャーペンで高い芯使って汚い文字を書いているのはご愛敬です。正直500円くらいでめっちゃ書きやすいシャーペンがいくらでも手に入るご時世で、何万円とか払うのアホらしいwwwwとおもうけど、まあ、なんかこう、自分を甘やかしてる自分は嫌いじゃないです。

万年筆とペンシルのキャップ部分くらべ。万年筆だいぶ太い。でも軽いんだよね不思議。まあ万年筆は筆記時にキャップ付けない派だし。万年筆でもつい軸を回しちゃうけど、変な角度では書けないからこの癖も治るかなと思ったけど治らなかった。

オンドロさんと一緒。オンドロの軸は表面にコーティング? 何らかの処理がされていないので木肌が生きてざらざらしている。感触的にはこっちの方が好きだったりする。とはいえ、ペルナンブコもスネークウッドもずっとなでなでしていたいくらいには気持ちいいのでやっぱり木軸っていいなあ。漆塗りの軸も好きだけど(中屋万年筆とか無限に触ってられる気がする)

木目比べ。スネークウッドはだんだん経年変化したのか、明るい部分が目立たなくなってきた。とはいえ実物を見るとやっぱりいい感じのまだら模様になっていて、死んだうちの猫の背中の色合いによく似てて見てると懐かしいようなかなしいような、トータルでは幸せな気分になる。

ファーバーカステル、ちょっと前まで全然視界に入ってなかったんだけど(高いし)今はなんかすごく好き……さすがにこれ以上増えることはない、と、思う。イントゥイション(万年筆)かっこいいなとは思ってるけど……実物未だに見たことないからセーフ。

しかしまあ、新品で木目選びたかったら六本木の旗艦店行くのが一番いいと思う。通販で軒並み品切れだったオンドロウッドさんも何本かあって木目選べたし。いい感じの木目ガチャに挑戦するにはちょっとハイリスクすぎる値段だし……値段の話ばっかりしてるけど、正直、伯爵の悪いところは値段だけだと思う。

ちなみに重めのシャーペンが好きならKAWECOスペシャルのブラスおすすめ。手が真鍮くさくなるけど、芯も0.5とか0.7とか0.9とか2mmとかいろいろあるし、何より重いし。リアヘビー好きにはたまりません。書きやすさだけでいったら、手元がローレット加工とかになってる製図用のペンシルが一番なんだろうけど……こうなったら一番に追求すべきは書き味ではなく、自分の指と脳をいかに喜ばせるかなのでは……?(末期症状)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。