PILOT キャップレス木軸

初めて買ったキャップレスは写真一番奥の緑軸のやつ。ユーロボックスで中古で買った初代キャップレス、かな? まあ三島由紀夫が使ってたのと同じモデルってことで買わざるを得なかった。

緑の部分は樹脂かプラスチックか何かでとても軽い。ノックは現行品より硬めで、内部ユニットをセットするためのガイドがないので勘で行くしかない。ペン先の向きがずれがちなんだけど、そこがなんとも可愛いというか……

しかしビンテージ故なのかどうか、ペン先のシャッター部が密閉させレズに空気が漏れる。ペン先が乾いて使い物にならない。書き味はとてもいいから使いたいんだけど、1日放置しただけで書けなくなるのは如何ともし難い。でも書き味がもの凄くいい……ユーロボックスが修理対応再開したらお願いしようかな、と思いつつも時間が経って、我が家にはキャップレスが増殖した。

マットブラック木軸である。

マットブラックと木軸はどちらも現行品なのでペン先は一緒。字幅はマットブラックが極細(EF)で、木軸が細字(F)にした。エクストラがつくかつかないかでたいした違いはなかろうと思いがちだけれども、キャップレスの極細と細字は天と地くらいの開きがある(と、思う)

極細のカリカリ感と細字のぬらぬら感は全然違うからできればどっちも試してみた方がいい。極細は本当に手帳とかに細かい字を書き込む用で、ノートに文字を書き殴るのには向いてない。細字は引っかかりがないのでフリーダムに線を書き殴るのに向いている気がする。

そしてこちらが初代キャップレスとの比較。初代、ハート穴が見えません。あとペン先も小さいし、全体的に角張っている。でもこのペン先いい仕事するんですよ。適度な抵抗感とすらすら書けるあの感じ……字幅だけ見たら極細に近いんだけどえっていうか今まで細字だと信じてきたけどこれ極細じゃない……? ペン先ユニットに字幅の記載がないのです。

購入時の記事読み返してみたら、「極細かな?」って書いてありましたね……その後の記事でも字幅を見るとやっぱり極細っぽいなあ……

内部ユニットの違い。ガイドっぽいぽっちの位置が違うので、現行品に入れては使えない。本当は内部ユニットだけを現行の軸に入れて使いたかったのに……

このレバーフィラーのようなコンバーターも現行品では使えなかった。部品の互換性はほぼないみたいで残念。今のコンバーター使いにくいんだよね……空カートリッジにインク詰めるしかねえか……

ペン先。初代の方にはJISマーク入ってますね……そして字幅の記載はなし(私がローガンで見えないだけかもしれないが)そして、やっぱり現行品に比べて全体的にカクカクしている。あと金色がかっこいい。

というか、普通のモデルに緑軸があったら絶対そっち買ってたと思うんですが……どうも赤も青も黒も食指が動かなくて……緑が良かった。何故緑がなくなってしまったのだ。10年くらい前には伊東屋に並んでたのを見たことがあるような気がするのに……あのとき買っておけば良かった。だから万年筆は一期一会だとあれほど(ry

そんで木軸。第一印象は「あんまり木っぽくねえな……」でした。樹脂含浸カバ材という、カバ材に樹脂を流し込んで強度を上げる処理をしているとかなんとかで、木目の凹凸が埋まってつるつるしてる。漆塗りの感触に近いかなあ……漆塗りも嫌いじゃないけど、木軸を買ってこの手触りだったらあれっ、てならない? 本当に経年変化と化するのかなあ……

しかしまあ、正直、書き味はとてもいいです……ペン先小さいし、そんなにしなるわけでもないのに何でこんなに柔らかい感触なんですかね……小さいからか? とにかくキャップレスの極細がカリカリしてて硬いな、使いにくいな、と思ったら細字を(あるいは太字を)試してみたら印象ががらりと変わるかもわかりません。

極細と細字の間。入れてるインクも違うから一概に比較はできないけれども、結構な振れ幅があるかと思います。同じ字幅でも店頭で試すとかなりの違いがあったりするので、国産万年筆は通販で外れを引く確率が低いからとはいえ、店頭で購入した方がより理想に近い書き味のものをお求めになれるのではないでしょうか(これはAmazonでポチりました)

木軸の手触りについていろいろ言いましたが、木軸というか、木製製品を買ったばかりの時はいつもそう……あれ、こんな手触りだったっけ、なんか他人行儀だな……もっとなんかこう、あるんじゃないの? って思うんだけど、やっぱり使っていくうちに手に馴染んでくるから木軸が好き。

この樹脂含浸カバ材とか言うのも、きっと使い込んだら馴染むはず。あとやっぱりマットブラックに比べたら大分軽い。

……と、書いててふと思いついたんだけど、マットブラックと木軸の中身を交換してみたらすごくしっくりきた。細身・重めの真鍮軸でぬらぬら系の細字、軽め・太めの木軸でカリカリ系の極細、っていうバランスが実は好みなのかも知れない……極細が軸に振り回される感じがなくなったというか……理由はわからないけど、なんかしっくりきた、としか言い様がない。もしかしたら、極細は軽いペンの方がいいのか……?

幸いどちらもペン先はシルバーだし、交換しても違和感ない、というかほぼ一緒。暫くこのまま使ってみることにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。