カルティエ/ボルドー

モンブランのボルドーを買ってドルチェビータのミディアムに入れて使っていたのだが、どうもなんかインクの出が悪い……モンブランのボルドーはペンを選ぶというのは本当だったのか! でも色は綺麗なんだよなあ、と逡巡の挙げ句『似てる』って情報だけでカルティエのボルドーを買ってしまった。
……銀座伊東屋には2009年製造のボトルが置いてあったよ!(あんまり古いので「これってまだ生産してるんですか?」って訊ねたらペンカタログ出してきて確認してくれた。生産中です。安心だね!)
INK : Cartier Bordeaux
モンブランよりは何となく赤が強いような……いや、ほぼ同じか? よく分からない。フローもあんまり変わらない気がする。少しはカルティエの方がましかな? 程度かも。
Montblanc ink "Bordeaux"
比較用。モンブランのボルドーで、同じドルチェビータで書いた文字。
しかし色はやっぱり美しいです。『エロい』って言われるのも納得できるかも。
Cartier / Montblanc Bordeaux
モンブラン(右)とカルティエ(左)の比較。この時点でモンブランか吸入から数日経過しているし、カルティエは入れたばっかりだったから正確な比較ではないが。カルティエは数日経過して、もうちょっと暗い色に落ち着いているし。
結論としては、色は両方似てる。フローは微妙にカルティエの方が良いような気がする。
そして、カルティエの瓶は使えない。細すぎて首軸が入らないので、とりあえずコンバーターで吸い出した。それからどうしようもないのでモンブランの空き瓶に詰め替えてやった。後悔はしていない。
しかしこれ、カルティエの万年筆ならちゃんと入るんだろうか。見たことないから何とも言えないが、一体何故こんなにも細くする必要があったというのか……

カルティエ/ボルドー」への5件のフィードバック

  1. ども、ねこJです。
    カルティエのボトル、嫌がらせのような口ですよね。
    あのデザインは、どうもインクウエルに移し替えて使うのを前提にしていると、以前聞いたことがあります。
    とは言いながらも、わたしは、ボトルを斜めに持ってもらって、無理やりペン先を突っ込んで吸入しました。
    インクより空気の方をたくさん吸い込んだみたいで、ほとんどインクは吸い込めませんでした。
    他社のボトルに移し替えるのは、賢明な選択だと思います。

  2. あら、カルティエだー。
    そんなにインクボトルの口がせまいんですね。あらま。
    モンブランのボルドーと比べて粘度はどんな感じですか?
    モンブランはなんだかさらさらしすぎてて、逆にペン先の仕上がりがダイレクトに手に伝わってくる感じがしてたんですが、カルティエはどうなのかな。
    今、モンブランの旧ボトルが一つ余ってるので興味津々です~。

  3. >ねこJさん
    お久しぶりです。
    やっぱり移し替えないと使えないですよねー……ペン先もかろうじてハート穴が漬かるかどうかだったし……多分最初の1回じゃないとコンバーターも水面に届かないと思います。やっぱり嫌がらせなのかな……
    >ウサっ子三昧さん
    モンブランと比較すると……うーん、粘度は感覚的には余り違いがないような? フローはカルティエの方が良いので、さらっとしてるような気がしなくもないです。お役に立てなくて申し訳ない。
    そう言えば粘度はあんまり意識したことないですねー……

  4. コンバンハ
    ボルドーは、少し赤黒いのですね。レトロな味わいがある様に感じます。小生は、主にブルーブラックを使っていますが、この様な色合いも魅力的です。60ccで2100円はいい値段ですね。

  5. >時代錯誤さん
    カルティエは高いですね。消耗品なのにこの値段だと、がんがん使えなくて困ります。にたような色がないからしょうがないですが……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。