こころはお坊さまのように澄み切っている

antigone
最近、物欲がすっかり落ちてしまって、新しくなったモンブランのボトルインクも買ってない体たらく。いや、欲しいんだけど、まだ旧ブルーブラックが瓶いっぱい残ってるからなあ。
ここしばらくは、ドストエフスキー先生を眺めながら149のBニブを滑らせて幸せです。原稿用紙は満寿屋が一番いいと思う……
今まで使っていたモールスキンのルールド(品質劣化前のデッドストックだった)がとうとう終わりそうなので、とりあえずライフのサニーゴールドノートを買ってみたが、まあ紙質は問題ない。モールスキンよりは白く、罫線も8mmだけど(ほんとは7mmがよかった)表紙は革張りだけどソフトカバーなので、モールスキンに比べればやわらかいけれども机上で使うには何の問題もないレベル。
小口も茶褐色で高級感溢れる雰囲気。気後れするくらいにな……
インクに関してはまだテストしてないが、どうせライフだから大丈夫なんでしょ。一番滲み裏抜けやすいR&Kのヴァーディグリーズで大丈夫なんだから大丈夫なんじゃね? と少々投げやりな気分になった。やっぱりモールスキンがいい。あの絶妙なサイズ……表紙の硬さ……薄いのに滲まない紙……ぺたりと開く聞き分けのよさ……たまにプレスされてる押し花っぽい虫……
趣味の文具箱最新号によると、クオバディスのアバナの紙が厚くなって滲みにくくなったらしいが、人柱になるにはちょっと高額なので手を出しかねている。ネットで買って古い方がきたら厭だし、でかい文房具屋まで行くのは面倒だし……これでまた滲まれたらもう再起不能になるかも知れん。でもあれは7mm罫なんだよな。
cats
それはそうと、カメラ持っていそいそ出かけたら、思いもよらない悲劇に見舞われた。
買ったばかりのD5000、落下しました。デフォルトのストラップがするりとほどけて、コンクリートに落下。フリースずるわたくし。時が止まるというのはあの瞬間のことでございましょうね。
結局動作確認して問題ないようなのでそのまま使っているが、とりあえずストラップは買った。カメラバッグも買った。純正の奴はどうにもおっさんくさいしでかいしで、結構悩んだ。
カメラバッグはGOLLAの奴にした。見た目コンパクトだが、レンズつきのD5000と望遠レンズ1本がちゃんと入った。4諭吉のレザーバッグと悩んだが、まあこれはこれで……。
しかしNikonの純正ストラップに裏切られるとは思わなかった。付け方は間違っていないはず。今度は丈夫そうな奴を買った。
物欲が万年筆からカメラにスライドしただけのような気がするが、さすがに10万越えのレンズを買うほど腕がよくないので今のところ財布の中身は安定している。いや、10万越えの万年筆を使うほど、文章の方も腕は良くないのだが……

こころはお坊さまのように澄み切っている」への4件のフィードバック

  1. 大事なものが落ちる時の、あの心臓を鷲掴みされるような恐怖感はイヤですよね。まだそれならキャップをしてないインクボトルを落とす時の超焦り感の方がまだマシと・・・アレ?
    ニャンコの、「アンタなに胡散臭い事してんのよ!」って目線が素敵w
    犬なら吠えるか逃げる所を猫ってこういう目線しますよね。
    紙とインクの組み合わせは永遠といえるんじゃないかと。ウチの最近のオキニはライフビンセントとロルバーン。どちらもリングですが書き心地とインク滲み、罫線はじきの無さが気に入ってます。無敵の対滲み裏抜けというわけではないですけどね(真に無敵はコクヨCYO-BOだけですが)
    物欲落ちて良かったですね。こちらはペン先調整にハマって鬼のように古いペンを購入してます。家人に言わせると文具屋が開ける勢いw
    50倍のマイクロスコープでペン先覗くと面白いですよ
    カリッカリだった細字がスルスルになるともう快感でやめられまへん

  2. 物欲から解放されたとのこと、おめでとうございます。
    しかし、第2、第3の物欲がひたひたと…w
    こちらは最近モンブランのヴィンテージに手を出してしまいました。
    クーゲルとか…自制しなければと思いながらも理性が負けそうな今日この頃。
    これでしばらく物欲も落ちたと思っていた矢先、フルハルターさんで最近立て続けにペリカンの限定品の告知があって注文してしまった私。
    なにこの波状攻撃、耐えきれませんよ?
    まだルビーレッド来てないよ・・・101Nは自制したもののブルーオーブルーはM800ベースとのことなので予約入れてしまいました。
    これはもう情報をシャットダウンするしか方法は無いのではと思う今日この頃でした。

  3. >ardbeg32さん
    物欲落ちてんのかなーほんとに。一身上の都合で生活に余裕がなくなりそうなので、物理的に買い控えなきゃいけなくなりそうですけど。
    調整は悪魔の道ですね! 私は慎重に避けています。最近万年筆のキャップを開けると猫が机に飛び乗ってくるので油断出来ません。万年筆のペン先にすりすりするのは止めろ! 目を突いてしまうぞ!
    ……毎日がスリリングです。
    > さん
    大丈夫です、買えません。まずは本体グレードアップですよね……
    >Palermoさん
    私もヴィンテージだったらモンブランが好きです。それほど持ってるわけじゃないですが。
    ブルーオーブルーも、軸の雰囲気によっては私も自制出来ないかも知れません……恐ろしい、ルビーレッドはやっと我慢出来たのに……まあ同じ赤ならデルタのトスカーナの法が欲しいですけどね……!
    Palermoさんはパソコンを今すぐ窓から投げ捨てたらいいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。