DELTA オールド・ナポリ

突然「白軸の万年筆が欲しい」病に罹患して、綿密なる調査の結果白羽の矢を立てたDELTAのオールドナポリを購入して数ヶ月……正直7mm罫のノートを常用している身にとっては丸研ぎのBニブは使い勝手が悪かったかと後悔もしたが、歩み寄ってしまえばぬらぬら書けてしあわせなペンなのだった。
DELTA/DOLCEVITA & OLD NAPOLI
ドルチェビータと比較。大きさはほとんど変わらないが、オールドナポリの方が軸の中央が膨らんでころんとした雰囲気。ドルチェビータは尻軸に向かうに従って太くなってゆく感じ。太目の軸が好きな私にとってはどちらも手に馴染む大きさと重さ。
DELTA/DOLCEVITA & OLD NAPOLI
MニブとBニブの違いはあれど、ペン先はほとんど同じだと思う。柔らかくはないが硬くもなく、しっかりとした書き味で書くスピードが速い自分には合っていると思う。インクフローが豊潤なので、さりさりした感覚はない。どちらも金ペン堂で購入しているので、トラブルはない。オールドナポリの方は、調整後ご主人が「太字らしい書き味になりました」と言ってくださった通り、素敵な書き味でございます。
DELTA/DOLCEVITA & OLD NAPOLI
そして、写真では分りにくいかもしれないが、ペンポイントの向きとクリップの向きが完全に一致している。オールドナポリの尻軸はネジ式になっているのだが、個体によってはどうやって差しても向きが一致しないものがあるらしい。金ペン堂さんで頼んだら、ちゃんとぴったりする個体を選んでくれた。私はキャップは差して使う派なのでこれは大変ありがたい。
DELTA/OLD NAPOLI
インクはドクター・ヤンセンのナポレオンを入れている。極黒とかモンブランの黒とか色々逡巡したが、Bニブで極黒なんてサインペンと同じじゃん、と悟ってしまって、その瞬間私の青インクを求める長い旅路が始まったと言っても過言ではない。今のところ、白軸にナポレオンの組み合わせは気に入っている。
DELTA/OLD NAPOLI Bnib
ペン先はこんな感じ。DELTAは丸研ぎなのでBニブともなると本当に太い。でもその分、書き癖がある私でも最初からちゃんとインクが出るのだった。それでも歩み寄るまでは数ヶ月かかったかな。なんかその瞬間が来たのが分って嬉しかったのを覚えている。
ドルチェビータの廃盤騒ぎとかいろいろあって、やっぱり私はDELTAが好きなのだなあ、と再確認した次第。1本くらい限定品とか欲しいとか思ってしまう自分が怖い。ちなみに一番好きなのはMニブです。色々ちょうどいい。

DELTA オールド・ナポリ」への6件のフィードバック

  1. あ、私が取り置きしてるオールドナポリだ!
    赤軸とまだ迷ってますけど…。
    ていうか、デルタの万年筆の修理を先月依頼したんだけど、こっちに還ってくるのが来年の2月だそうです。
    …来年の2月になりますって返事「だけ」をもらうのに1ヶ月(10月13日修理依頼)、さらに今からイタリア送りますって何なんだよダイヤモンド!
    電話で万年筆屋から連絡があり、あまりの怒りにダイヤモンドへ「どういうことか説明しろゴルァ!」ってメールしてしまいましたわよ、おほほほほw
    同じ万年筆屋で修理に出したゴッホは「イタリアの2ヶ月に及びサマーバケーション」の真っ最中にも関わらず1ヶ月半で戻ってきたのに、なんでデルタだけこんなこと言われるのかわかりません(号泣)。
    里帰りに出したプロフィリには罪はないし、お取り置きしてるオールドナポリにも罪はありませんので、プロフィリは気長に待ち、オールドナポリは気持ちよくお迎えしようと思ってます。
    …てかね、モンブランの時計の修理(しかも初期不良)も3ヵ月半掛かった。しかも3ヶ月経ってから連絡したら、まだ日本からドイツにすら行ってなかった。
    その連絡から2週間で「修理されて戻ってきた」ってことは、ドイツに送ったって2週間で直せるってことでしょ?
    つくづく海外ブランドの悠長さに辟易したウサっ子でした。
    長文レスすんません・・・。

  2. >ウサっ子三昧さん
    まあ、イタリアですし、デルタですからねえ……。
    オールドナポリの赤も美しいですね。あれも欲しいな、ペン先違いで。今度はMとかFとか……茶色もよかったです。黒は……デルタっぽくないから……
    なんかあの変に混じってる変な色とかが茶色だとか赤は綺麗なんですよね。赤だけは金ペン堂さんで実物を触りました。初志貫徹で白を取り寄せてもらいましたが。
    何色が来るのか楽しみですね。ご報告お待ちしておりますw

  3. コメレスありがとうございます。
    てか、デルタの新製品の話聞きました?
    マリーナシリーズで、海外先行発売していたモデルが国内にもやってくるそうです!!!
    カプリ・ピアツェッタのピンクとブルー、そしてブルー・グロットでも使われている透明ブルーの軸ですって。
    しかし国内販売価格は¥60,000ナリ。
    でも、ピンク軸はホントに欲しかったので、これは迷わず買いです。
    オールドナポリも廃盤品だし、両方いっちゃおうかなぁと。
    ああ、なんて贅沢。

  4. >ウサっ子三昧さん
    ちょwwwまじかああああwww
    デルタはドンだけ私の財布を軽くしたら気が済むんですか? マリーナ・グランテは新作が出るまで待機した方がよさそうですね? 六万円ってことは14金ペン先なんでしょうか……いや、それでもいい。ブルー・グロットってちょう綺麗じゃないですか!
    両方いっちゃえ! そして私のためにレビューを!

  5. こんにちは。
    どこにコメントしようか迷ったのですが、先日マリーナグランデを購入した書斎館から手紙がきました。
    なんと、担当していただいた方の直筆で。
    はがきいっぱいに・・・
    すごいアフターケアです・・・思わず行ってしまいそうになります。
    と、それによりますと、12月初めより書斎館ではDELTAフェアーを開催するとのこと。
    今まで取り扱いのなかったオールドナポリも取り扱うとのことでした。
    いちおう、参考までに書き込んでみました。

  6. >Palermoさん
    手書きの手紙はやばいですね……ペンクラスターさんからも来ます。ついふらふらと銀座行きの切符を買ってしまいそうになります。ま、負けるもんか!
    オールドナポリ、前書斎館に探しに行ったことがあるんですよ。そうか、扱い開始なんですね。貴重な情報ありがとうございます。でも今行ったら負けだな……!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。