GMUNDのA5ノート

GMUND NOTEBOOK(A5)
先日、スプレマを買った帰りに寄った伊東屋での戦利品。『趣味の文具箱vol.13』に載ってたA5ノートフロムドイツ。
ずっとモールスキンに変わる無地のA5ノートを捜していた。長い旅だった……(その1その2)そしてようやく辿り着いたかな、と思ったのがこのノート。
GMUND NOTEBOOK(A5)
まず、180度きちんと開くハードカバー。モールスキンと同じ綴じ方で、最初から最後まで押さえていなくても綺麗に開きます。表紙もかなりハードなため、1ページ目からたわむことなく書けるのも素晴らしい。
今回は茶色の木版調を購入したのだが、同色のスピンもついている。写真にはないが、背表紙の内側にはちょっとしたポケットもついている。ゴムバンドはない。あればいいな、とは思うけど。どうしてもゴムバンドが欲しければ、Dresscoのブックマークバンド使えばいいんじゃないかな。横幅は少々足りないが、高さはぴったりだったので。あれはちょっとゴムが弱いのが気になるけどなあ。525円でいくらでも取り替えがきくからいいのかな。孔雀のマークかわいいし、アクセントになっていいかもしれない。
GMUND NOTEBOOK(A5)
そして、最も重要な滲み・裏抜けだが、私の常用インクを使ってみる限り、全くなかった。滲みはおろか、つゆだくフローの太字万年筆で書いても裏抜けどころか透けもしない。優秀です。
紙は殆ど白だが真っ白でもない微妙な色合いで、厚めで表面がざらざらしている。バンクペーパーよりは目が粗いようだが、これが万年筆で書いてみると大変気持ちがいいのです。一目惚れ、というか一筆惚れした。モールスキンの薄い紙よりは多少乾きにくいし線が細めに出るかな、と思うけど、この気持ちよさはちょっと他のノートでは味わえない。適度な抵抗感というか、筆が滑るのを心持ち防いでくれるというか。発色もいい。
まあ、問題は今現在銀座伊東屋でしか手に入らないことと、モールスキンよりもページ数が少ない上に高価(3,675円)って事かなあ。あと無地と変形方眼しかない。趣味文には無地と方眼は同じ紙とか何とか書いてあったけど、実際は方眼の方が黄ばんでいて薄め、ざらついている印象だった。本当のところは知らん。店員さんは紙が違うって言ってたような気もするけどあんまり聞いてなかった(方眼は使わないので)ただ、紙の色が明らかに違うことは確か。
銀座伊東屋にはノートの他にも便箋やらメモパッドやら沢山揃ってたので(奥の方に特設コーナーがあった)お近くの方でモールスキンの移行先を探すスレの住人はもしかしたら行ってみるといいかもしれない。
これで無地の方は一段落したとして(まだ探すけど)(百人帳とかawagami+1とか気になってるけど)問題はルールドの代替品、横罫A5ノートである。まだストックが3冊あるプレーンよりもこっちの捜索が急務なのだが。
GMUNDで横罫があれば一番良いけど、無地と方眼しか作ってないみたいだし、MDノートは常用インクとの相性が最悪だし、LIFEは途中にある表紙の折り返しが邪魔だし、美篶堂はハードカバーノートには横罫はないし……出来たら7mm罫希望。丸善ダックノートは有力候補だが、9mm罫は未知の領域だ……無地しか持っていないので、今度実物を確かめてみなくては。
当たって砕けろ精神でGMUND購入、ノートジプシー生活に僅かな光明は射したが、これから先も長そうだと思った。ちなみにllenoのノートは紙がものすごく気持ちよかったし横罫だったし無地もあるし表紙のデザインもかっこよかったけど、180度は開かなかった……悔しいです! でも格好いいからいつか何かに使いたい……(そんなノートが屍累々と……)

GMUNDのA5ノート」への4件のフィードバック

  1. おお、裏抜けしない180度開脚のノートがついに入手ですか。おめでとうございます。それにしても高価ですねぇ。こちとらコクヨのCYOBO5冊セット買うのでも躊躇してるのにorz
    閑話休題
    深崎様の呪いもとい後押しで思い切ってゴッホタートルを買ったのですが、鉄ニブとばかり思ってたのが金ニブがついてました!!
    いやもう感謝感激で崖から突き落としてくださったもとい励ましてくださった深崎様には足を向けて寝られない状態です。
    まーちょっとオマケについてきた純正のインクが全然使えねーってのと書き出しのインクフローが渋いことを除けば書き心地も最高です。
    なにか日本の東西でよいことが起こってるような気がする今日この頃です。

  2. >ardbeg32さん
    ゴッホおめでとうございます。マキシ以外は鉄ペンじゃなかったのか。それは当たりなのですか? 書き出しのフローが渋いというのはそこかしこで聞き及びますが、ちくしょう、羨ましいな……
    でもいいです。スプレマがあるからね! 入院中だけど、う、羨ましくなんか無いんだからね!

  3. ありがとうございます。どうやら当たりのようなんです。詳しいことはげふんげふんなんですが。
    書き出しのフローの渋さは、深崎様に影響されて買ったモンブランブラックに入れ替えたことで何とか実用にはなりましたが、それでもペンクリニックで川口先生にフロー改善してもらったパーカーソネットとは比べるべくも無い渋さです。でもでも金ペンの書き心地があまりにもいいのでそれだけで十分なんだもん!(く、悔しくなんかないんだからねっ!)
    まあ来月ペンクリがあるんでまた川口先生に見て頂ければと考えてます。
    スプレマ、早く退院されることを願ってます(症状も退院時レポのネタですよね)

  4. >ardbeg32さん
    フローのいいインクと言えば、モンブランだったらレーシング・グリーンもかなりのもんですよ。苔色、と言うか濁った緑だから好みの問題はあるだろうけども。私はM800の緑縞に入れてます(歩み寄るまでインクスキップがひどかったので)後は意外とすごいのがヤード・オ・レッドのBBでした。筆跡がこれ見よがしに太くなります。
    ペンクリ行ったことないけど、なんだかすごいみたいですね(ゴクリ……)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。