CARAN d'ACHE シゼレ

CARAN d'ACHE BP
先日購入したノートジャケットのペンホルダーは狭い……と言うか細い。いかな革製とはいえ剥き出しの状態になるホルダーに万年筆を挿すわけには行かんし、ドクタークリップやらハイテックコレトは入らない。じゃあボールペン買うしかなくね? という廃人思考で目をつけたのが、リフィルの書き味が素晴らしいと評判のカランダッシュだった。
本当に欲しかったのはスターリングシルバーのアンモナイトだったのだが、いかんせん高い。慢性的に腱鞘炎っぽいのでボールペンで長文書くと手が震えんばかりになるし。
しかしロジウムコートだけは許せん。写真上部はエクリドールの万年筆(ロジウムコート)だが、やっぱり銀の質感には負ける。
で、KINGDOM NOTEさんで偶然見つけた中古のシゼレ。シルバーコート。お値段もお安かったのでとりあえずこれでいいや、ってことでぽちり。
CARAN d'ACHE BP
そして噂のゴリアット。読み方はいろいろあるらしい(ゴリアス、ゴリアト、でも個人的にはゴリアテって読みたい)が、そこらへんのボールペンよりもお高い替え芯、書き味は噂どおりでした。
最初に入っていたのはブルーのFだったが、なんか古くなってるみたいだったので自分でブラックのMを購入した。かすれもないし、当たりもやわらかい。高いだけのことはあるな、と言う印象。値段のことばかり言ってるが、10km筆記できるそうなのでお得なのかも。しかしドクタークリップは600円、ハイテックCコレトに至っては500円以内でかなり楽しめる上に書きやすいので、1000円のリフィルが高いかどうかなんていうのは完全に趣味の世界であり文房具マニアの業を感じさせるものだから、まあどうでもいいことなのかも知れん。
私は太目の軸が好きなのだが、カランダッシュは細身でも滑らないし、外見以上に握りやすく書きやすかった。シルバーの質感も素敵です。アンモナイト欲しくなっちゃったな……でも普段ボールペン使わないしな……
そしてペンホルダーに鎮座するペンが決定し、これでノートジャケット完璧だぜ、と思ったその日に愛用のバッグが壊れた。仕方なく新しいものを購入したのだが、それが前回よりも小さめで、ノートジャケットはぎりぎり入るサイズだが、重い。果てしなく重い。革製のバッグ自体の重さがある上、私はそれはもう虫使いのように必要なものを全部持ち歩くと言う悪癖があるので、総合してみたらとんでもない重さになってしまった。一日使ってみたがだめだった。肩が完全にいかれた。寝違えそうになった、と言うか今でも痛い。
断腸の思いでモールスキンからノートジャケットを外した。ボールペンはペンケースに入れた。あれ、これって本末転倒じゃね? ペンケースなら万年筆でよかったんじゃね?
ノートジャケットには、ノーブルノートを入れました。サイズが微妙に合わなかったモールスキンよりもジャストフィットのノーブルノートの方がジャケットも嬉しそうです。家に置いてきました。使い道がわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。