SAKURA craft_lab 001

ちょっとお洒落系の文房具屋に行くと必ず置いてある真鍮製のボールペン。真鍮好きとしては気になってたんだけど、まあボールペン使わねえしな……とスルーしてたのだけど、何か年末でそわそわしてたのと、いつも参考にさせてもらってるブログの中の人がよかったって言っててこれは多分いいものに違いないと思って、年の瀬も押し迫った銀座でついに手を出してしまった。

箱もお洒落。大体何処の店行っても「欲しかったら店員に声かけてくださいね」ってコミュ障殺しの展示の仕方してて二の足を踏んでた部分も確かにある。店員に話しかけるとか結構なレベルを要求されるんですよマジで。通販万歳。通販がなかったらきっともっと貯金できてたと思う。

本体を撮りだしたあともお洒落。まあ箱捨てちゃったけど。

ボディの色がブラック、ブルーブラック、ブラウンブラック、ボルドーブラック、グリーンブラックの5色あって、それぞれの色のインクが準備されている念の入れよう。わたくしはグリーンブラックを購入せしめました。
しかし、写真で見るとほぼ黒。生で見てもほぼ黒で、多少グリーン味があるかな……? 程度でとても使いやすいインク色だと思います。ちなみにリフィルは200円。ちょっとしたボールペン買えるよ。どうせなら0.5mmだけじゃなくて0.3mmとかサイズ展開して貰えないだろうか。

ゲルインクボールペン、久し振りに使ったけど滑らかだなあ。字を書く文にはとてもよかった。絵を描こうとすると、変な方向に線を引いたりするのでたまにスキップするけれども。

ほんで、やっぱり0.5mmだと太いなあ、っと思って調べていたら、なんとJETSTREAMの替え芯が使えるという情報があるじゃないですか。油性ボールペンの中では書き味が一番好きなジェットストリーム。しかもあれには0.38mmがある……

奥がジェットストリーム、手前が純正リフィル。ジェットストリームの方が長かったのでカッターで切り込みを入れてポキッと折ってしまう。罪悪感はありますがまあまあ適当に。

綺麗に嵌まりました。筆記にも特に問題はなく、書き心地はジェットストリームだなあ、という感じのアレ。

このボールペン自体、素材は真鍮でまあまあ重いクリップとヘッドの部分がついてるのでバランス的にはリアヘビー。私好みのバランスでとてもよい。万年筆にシルバーの装飾のついたキャップさして書いてる感じ。ドルチェビータ的な。とにかく私は重めのペンが好きなのでこのボールペンは当たりでした。正直あと1本欲しいくらい(リフィルのサイズ展開してくれたらな)

けれども、まあ、1本5000円は高くない? 高いよね? でも年末に中屋注文したじゃん……? それに比べたら安くない……? みたいな、年末特有の金銭感覚が異常になってしまったそのタイミングで買ってしまった。ボールペン使わないのにwwww

でもしょうがないよね真鍮大好きなんだもん。木軸か真鍮軸が現在のマイブーム。KAWECOのペンシルはとてもいいですよ……適度に重くて……エイジングとかはまだよくわからないけれども。基本的に経年変化する素材が好きなのかもわからん。

ちなみに、SAKURA craft_lab 001は、金色の真鍮部分はつるつる、グリーンの部分はざらざらしていてなで回しても楽しいです。クリップはかっこいいけどペンを回しながら書く癖があるので私にとってはちょっと邪魔。万年筆のいいところはクリップがキャップについてるから手に当たらないことだ、ってのは最近気付いた。全てのペンのクリップが取り外し可能になりますように……デザイン的にはあった方が絶対かっこいいけど……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。