モールスキン(モレスキン)との再会

IMG_6856.JPG
もう何度も裏切られてモールスキン(未だにモレスキンって言えない)とは決別したはずなのに……色々似たようなノートも出始めてこれでやっとノートジプシー道から解放される……王道のアウトバーンを走るんや(グムンドとかのノートで)とか思ってたんだけど、結局のところ、モールスキンってかっこいいよね。紙質以外は完璧だよね、と言う所に帰着するんだから恐ろしい。
なんか、まずサイズがちょうどよくて、表紙の厚さもちょうどいい。RHODIAのウェブノートブックはなんか表紙がふかふかしてるし(銀色のやつはそうでもない)そもそも無地は日本で売ってないから米アマゾンから買わなきゃいけないし、救世主となるかと期待したアピカの紳士なノート(ハードカバー)は本文紙がまさかのシルキーしかねえし……ヴァーディグリース滲むんだよ……
いやクリーム上質紙も出してくださいよ。ほんとお願いします。数年来ソフトカバーのクリーム上質紙の無地ノートにowlノートカバーつけて使ってるけど、だんだん飽きてきちゃった★
あとまだ試してないのはロイヒトトゥルムだけど、あれ、なんでこれ一度も買ったことなかったんだろ……かっこいいのにな?
そういうわけで、久しぶりに買ってみたモールスキン(モレスキン)。通常版の裏抜け具合は知りすぎるほど知ってたので、今度はスケッチブックを買ってみた。紙も厚いし、まさか裏抜けしないだろう、と、思っていたのですが。が。
IMG_6857.JPG
ヒゲ! ヴァーディグリースでまさかのヒゲ。そしてインク溜まりに1ピクセル程度だが裏抜け。まあこれを裏抜けって呼ぶのかどうかは微妙だけど。しかしこうなってくるともう悪いのは紙じゃなくてインクの方なんじゃねえの……モンブランのレーシンググリーンではヒゲも出なかったし……でもメインで使ってるのヴァーディグリースなんだよなあ。こればっかりは変えるわけにはいかないのです(今のところは)あっ同じような色で裏抜けしないやつがあったらいつでも乗り換えるよ! なかなか見つからないけどね!
後は、呉竹クリーンカラーリアルブラッシュ(緑)と、ホルベインの固形透明水彩(左)と、ウインザー&ニュートンのウォーターカラーマーカー(右)
元々これはスケッチ用でドライメディア推奨、水彩画用は別シリーズで展開してるから、ぼかしがボケなかったりするのは想定内なので別にいい。水彩画用は横長タイプしかなくて、どうしてもこの形が良かったから諦めた。水彩画を描きたかったら別のノートを使います。
IMG_6869.JPG
とはいえこのスケッチブック、「水を弾く」「水彩絵の具が乗らない」といろいろ前評判を聞いていたので試してみた。ホルベインの固形水彩でびしゃっと塗りました。まあ下絵があれなのは気にしなくていいです。好きこそものの上手なれって言うじゃないですか……じゃあわざわざワールドワイドウエッブに公開しなきゃいいとは思うけどそこはそれ中二病の残滓を引きずっている自分ですから仕方ない。薄目で見てください。
確かに弾くwww 弾くというかあんまり色がつかないので、何度もグリグリやってると今度は紙の表面の繊維がボロボロ崩れてくる。何度も重ね塗りするやり方には向いてないかも。消しゴムで強くこすると表面は荒れる。まあこれはこれでザラザラして面白いけれども。線画とかは書きやすそうだったので、本当にそういう用途に特化しているのだなあ。ちなみに塗った後の紙はたわたわになった。けれども裏面に色は抜けていないので、普通に裏も使える。
肝心の、「これは万年筆でノートの代わりに使えるか」という点ですが、まあ使えるんじゃね。165gで紙がめっちゃ厚いけれども。ページ数も結構ある(104枚)ので、インクフローの良い万年筆でぬるぬる使っても気持ちいいと思う。ノートの開き具合はさすがのモールスキンだし、紙もクリーム色で実はこの色が一番好き。
なにより、やっぱりモールスキンはかっこいい。使い終わって本棚に並べたときとか、ペラペラ見返すときとか、やっぱりソフトカバーノートだと格好がつかない。
かっこよさだけを追求するなら、高級志向のGMUNDとか竹尾のクロスノートブック(ただしでかい)とかがあるんだけど、モールスキンはなんというか、唯一無二じゃなくて量産型のちょうどいいかっこよさがある。表紙が破れてもまあいっか! って思えるある種のチープさ? のようなもの。クロスノートの表紙にシミなんかついたらしょんぼりしちゃうけど、モールスキンだったらそれも味なんじゃないかな、と自分を納得させられるような気がしないでもない。ただ使ってる最中に背割するのだけは勘弁してほしい。修復も味? いやせめて使い終わるまで待ってwwww
あとは、このスケッチブック、表紙が普通のラージよりも手触りがしっとりしていた。最初の頃(まだ裏抜けしなかった頃)のしっとりさが戻ってきた感じ。もしかしたら現行のモールスキンを買ったら皆そうなのかもしれないけど。
なんか久しぶりにモールスキン(モレスキン)を持ってみたら懐かしかった。裏表紙のロゴが細いやつが昔の紙質の良い奴、とかなんとか言って文房具屋を徘徊してデッドストックをあさっていた頃を思い出した。当時の紙質に戻ったらやっぱりまた使いたい。今はダメだ。正直、モールスキンの側だけ使って中身をトモエリバーかOKフールスに入れ替えたい。そうすれば皆幸せになれるのに……世界が平和になるのに……(※ノートジプシー界のみ)
そういうわけでノート熱が再燃してきたのでさっきロイヒトトゥルムをポチったよ! 病気だね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。