万年筆 2015年夏の陣

IMG_3812.JPG
暑すぎて引きこもっているので、先日洗浄した万年筆にインクを入れてみた。
左から、モンブランの149、146(テレスコープ)、146(80年代くらい)、#14、DELTAのドルチェビータ・ソワレ、大橋堂の津軽塗、パイロットのキャップレス(旧モデル)、ペリカンのM1000、DELTAのソラリス、となっております。
テレスコープは書き味が一番好みなのはもちろんのこと、ドライアップとコルク痩せが怖いので、常にインク(或いは水)を入れている。字幅も好みだし、持ってる中で一番好きかもしれないレベル。でも古いし今はあんまり修理を受け付けてくれるところもないからgkbrで使っているのが現実です。
あと、大橋堂はうっかりインクを入れているのを忘れていて危うくドライアップさせてしまうところだったので反省して洗浄→吸入をやり直しました。先日何かのテレビ番組で津軽塗の鉛筆が紹介されていたけれど、やっぱりこの津軽塗は禍々しくて最高です。この触ったら呪いが感染しそうな色合いと不安をかき立てる様な模様が堪りません(褒めています)
今調べて気付いたんだけど、ソワレって生産中止になってたのか……ミディアムサイズがなくなったというのは聞いてた様な気がしたけれども、まさかソワレ自体なくなっていたとはな……控えめな地味派手さが好きだったのに。オーロよりもまずブラックだろうが……っ! イタリア人は何にも分かってない……こんなに綺麗なのに……
ソラリスは初めて買って貰った万年筆って事で思い入れがあるので、インクは常に入れて持ち歩いている。カートリッジしか使えないので、最近はエルバンのナイトブルーを入れているが、これがいい色なのでボトルも買ったんだけれど、結局カートリッジの方が便利でそっちばっかり使ってる。コスパ? 何それおいしいの? 一応、詰め替えることを考えて空のカートリッジとってあるけど、多分使わないと思う。
あとM1000。最近何故か私の中で空前のM1000ブームが来てる。ウォーターマンのブルーブラックとの相性が最高、と言うかもうこれしか入れてない。以前はキャップを尻軸につけて書いてたんだけど、本体だけで書いてみたらなんか目が覚めた。あ、いくらリアヘビーが好きだからと言って無闇にキャップつければいいってもんじゃないな、って……
もともと、柔らかめの書き味が好きなのもあるけど、M1000がいきなり歩み寄ってきた感じがする。金ペン堂で買ったペンってだいたいそうなる。最初はうーん、やっぱビンテージの方がいいな、とか、やっぱフルハルターすげえな、とか思うんだけど、それでも長年使ってると、なんか「きたな」って思う瞬間が来る。その瞬間から改めて吹き出す愛着がすごいんだよね……まあ、それは金ペン堂に限らず、ペン先調整なしで買ったペン全部に言えることかもしれないけど、なんか「あーそう言えばこれ金ペン堂で買ったんだっけ」ってなる瞬間が結構好き。
IMG_3815.JPG
天冠も並べすぎると蓮コラみたいでちょっと気持ち悪いですね。いや撮り方が悪いんだろうけれども。しかしこうやって眺めてみると黒軸ばっかりだな。オレンジの方のドルチェビータでも混ぜればよかったか。元々地味派手が好きなんだろうな、私は……気がつくとこんなのばっかり買っている。
IMG_3822.JPG
しかしビンテージモンブランのホワイトスターはかわいいですね、と言うことで悪のりしてやってみた。ひびが入っているのもまた愛らしい。特に一番大きなセーフティ(左から3番目)のホワイトスターはカゼインって事で、小さい傷なら自己修復する筈なんだけど、外側の方はもうひびにインクが染みこんじゃって駄目ですね。このままの方がかっこいいからいいんですけれども。
IMG_3817.JPG
インクも見事にかぶってる……最近は、日本橋丸善とかに行ってボトルがたくさん並んでいるのを見ても、よし買うか! って気分にならない。冒険しなくなった。というか、まあ、家に帰ればボトルがごろごろしてるんで自重してるのもあるんですけれどもね……
最近はDiamineのブルーブラックがお気に入りであります。でかいボトルの輸入が待たれる。後は、ソワレに入れてる同じくDiamineのトワイライトもいい。独特の青緑な感じ(乾いたらほとんど緑)が、なんか夏っぽくていいな、って……まあ一年中入れてるけど……
しかし、黒軸にブルーブラック系のインクばっかり入れて、なんか面白みがないな……ここは夏らしくターコイズでも入れてみるべきか。モンブランのターコイズが好きだったのに生産中止しやがって……アイリッシュグリーンだって嫌いじゃないけど、もっと他に復活させなきゃいけないインク、あるでしょう……?
最近あんまり触ってなかったけれども、やっぱりにやにやしながら家で一人で万年筆をいじっているのは楽しいですね。この気候でインクが腐っていないといいが……

万年筆 2015年夏の陣」への5件のフィードバック

  1. すみません、連投で。モンのターコイズに反応しました。2,3回しか使わずにまだ一壜持ってるんですよね。ほかにラミーとかプラチナのライトブルーとかヴァルトマンのものとかいろいろ買ってみたんですがやはり違うので使えずに悩んでいます。オノレバルザックヴァージョンは違う色なんですかね?これも値段が高すぎて買えませんでしたが…石丸さんに頼んでみるしかないですかね。

  2. – 吹き出す愛着がすごいんだよね –
    ここが好き !
    文学乙女なのですね
    (文学的には普通の表現なのかも知れませんが…)
    じつは….
    ここのブログ主を ず~と、男の人と思っていました..
    過去の記事で
    産婦人科に行かれたときにも……
    いろんな病気があるから、面倒な世の中になったなと …
    思っておりました
    暫くして… え?  気がつきました….
    うっ? ここのブログ主は 女の人だ…
    ….
    鈍い..
    あまりにも鈍い….
    ゆるしてね   お願い

  3. >タケヲ さん
    ペリカンのターコイズって水色って言うか空色っぽくてなんか違う……と思って買ったまま使ってません。プライベートリザーブのダフネブルーだったかな? はなかなか美しい空色でしたよ。各ブランド、微妙に色が違うから、インク沼は深いんでしょうね……
    モンブランの限定インク高杉ですねwwwヒッチコックとか欲しかったけどさすがに手が出ませんでした。
    セーラーと言えば雪明かりも美しい色でしたけど結局買わずになくなってしまったなあ。
    >ぶちゃいくももちゃん さん
    乙女って年ではないですがwww
    趣味は猫を膝に乗せて本を読むことです(引きこもり)昔から女性っぽい文章を読むのも書くのも苦手だったので、正直、男性だと思われていたとはなんかちょっと嬉しい気もします。ありがとうございますw

  4. >>>金ペン堂で買ったペンってだいたいそうなる。最初はうーん、やっぱビンテージの方がいいな、とか、やっぱフルハルターすげえな、とか思うんだけど、それでも長年使ってると、なんか「きたな」って思う瞬間が来る。
    いいことを教えていただいてありがとうございます。お金もないのにフルハルターのが1本欲しいなと10年ぐらいぐずぐず思っていたのですが、これを読んでフルハルターを諦める踏ん切りがつきました。金ペン堂で2万円で買ったウォーターマン1本を大切に使っていこうと思います。

  5. >衡山さん
    いや、フルハルターいいですよ?
    多分ですけど、長く使い続けてたらフルハルターっぽい変化をするかも知れないし……私はまだ日が浅いので分からないですけど……自分カスタムなので愛着は凄いです。かわいいです。
    でも、きっと、1本を大事に長く使っていくのが、万年筆の使い方としては一番正しい気がします。耳が痛いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。