Montblanc No.14

Montblanc No.14 & DOLCEVITA Medium
先月の丸善ビンテージ筆記具フェアで購入したモンブランのNo.14を、やっと本日お迎えすることが出来た。ドルチェビータと記念撮影。
本当は明日引き取り予定だったけれども、もしやと思って丸善に電話で問い合わせしてみたら届いていると言うことだったので、台風の気配を感じながら大手町まで。
全然関係ないけど、万年筆売り場に電話を取り次いでもらおうとしたら、「国産と舶来で担当者が別れておりますので……」とのこと。さすが丸善だなあ、でも「舶来」って言葉を聞くのも滅多にないなあ、としみじみ思ったり。
ちなみに現在丸の内オアゾでは、S.Tデュポンのフェアやってた。あと手帳が凄かった。買わなかったけど。
Montblanc No.14 White star
初めての二桁シリーズ。先月は気付かなかったのだが、帰宅後『趣味の文具箱』をひっくり返して、尻軸にもホワイトスターがあることを知った。なんだか得した気分です。
クリップはまあ経年変化というか、ちょっと痛んでいるけれども、アンティークゴールド! って感じでいい雰囲気ですよ。
Montblanc No.14
この写真では黄緑に見えるが、インク窓は黄色。角度によって色が変わって面白い。インク入れたら見えなくなってしまうし、どうしても汚れるだろうから、ユーロボックスで綺麗に洗浄してもらった直後の姿を写真に残しておきましょう、と言うことで結構撮った。
Montblanc No.14
ニブはBくらいか? ちょっとスタブ調になるように調整してもらった。まだインクを入れていないのでどんな筆跡になっているかは分からないが、多分かっこよくなってると思う。
インクについては、モンブランの黒かブルーブラックかで、かれこれ一ヶ月くらい迷っている。古典ブルーブラックだけどさすがにモンブランの万年筆だから大丈夫だろうし、でも黒の潔さも捨てがたいんだよなあ……以下永久ループ。
モンブラン黒は色々な万年筆で使っていてフローもいいし色っぽいし好きな黒なんだけど、ブルーブラックは149だけにしか使っていない。149(EF)以外のどの万年筆に入れても「なんか違うような気がする」と思ってすぐ抜いてしまう。理由は分からない、本能的な物だとしか。
古典ブルーブラックとはいえ、『趣味と物欲』ブログさんの『古典ブルーブラックインクの万年筆へのこびりつきを化学的に落とす。』と言うエントリにあるように、なんかアスコルビン酸で綺麗に洗えるようなので、No.14で使っても別にいいかなあ、とも思うし。
ちなみに、薬局でアスコルビン酸の粉末買ってきて、1%の水溶液作って149を超音波洗浄してみた。いつもよりインクがにゅるにゅる出てきたような気がした。まあ、怖くて分解できないので、どこまで洗浄できたかは疑問だが。
ついでに、水溶液を水道水で洗い流した後、他の万年筆と一緒にプラチナのインククリーナーに漬けてある今現在。気休め程度だろうが、まあ、一晩放置してみる。
今回も、ヴァーディグリーズは凄い色が出た。あのインクは水洗いだけでは残りやすいのか、それとも洗いやすいからこそこれほどまでインククリーナー溶液を染めるのか、どっちだ?
ともかく、早くインクを入れてみたい。でも迷う。あのニブからどっちの色が出てきたら美しいだろうか……まあどっちでもいいような気はするけど、今度吸入するとしたら、どっちも新ボトルのミステリーブラックとミッドナイトブルーだぜ。どうしようかな……
Montblanc White stars

Montblanc No.14」への5件のフィードバック

  1. ご紹介いただきありがとうございます(^^)
    市販の古典ブルーブラックを使ってきて、自分でも作って使ってみて、古典ブルーブラックが危ないというのはずいぶん誇張されて伝わっている話なのではないかと感じています。
    そのあたりのことを以前、「古典ブルーブラックは危ないインクなのか?」としてまとめてみたことがあります。
    http://d.hatena.ne.jp/pgary/20090803/p1

  2. 深崎様 こんばんは。
    ブルーブラック(以下BB)は本当に奥深く味わいある大人のインクって感じですよね。特に古典BBと言われるタイプは各社で微妙に色合いやフロー、まぁ相性(万年筆と使う人)もあるでしょうし・・・。秋めいて来た季節に何故か使いたくなるインクですよね。
    実は小生も、がりぃさんのBBは某研究会で50CC程お分け頂いたのですが、勿体なくてナカナカ使えないのですが、ミドリがかった素敵な色調と抜群のフローですよね。
    ところで深崎様・・・赤いキャップのホワイトスターが写ってますが、当ブログでのご紹介はありましっけ??(笑)

  3. こんばんは&ご購入おめでとうございます♪
    予定日前とは知りつつも、問い合わせをせずにはおれないお気持ち、よ~くわかりますよ☆
    てか、お恥ずかしい!オールドナポリの記事は、なんと2年前のだったんですね★それとは気付かずに先日は勝手に興奮してしまいまして、さぞかし困惑されたことだろうと恐縮しております(><)
    百貨店のセールを待つつもりだったオールドナポリですが、たまたま立ち寄った文具店で半額になってたので即買いしました♪色はレッドで、早速エルバンの香り付きローズレッドを入れて楽しんでます。
    これでデルタは4本目。目の前に並んだ365(バイオレットF)、366(イエローM)、プラネット(グリーンB)、オールドナポリ(レッドM)は、御ブログの表現を真似て上から順に鶴子、幸子、雪子、妙子の四姉妹ってところでしょうか(笑)
    蛇足ながら、(前述の)エルバンの香り付きインクは、モンブランの胴軸を腐食させますので、誠に僭越ですがお気をつけ下さい★私はそれで先日カラヤンをダメにして高い授業料を払ったばっかり。。まあ、インクにも相当お詳しいようなので、そんなことはなさらないとは思うのですが、まわりにペン好きが皆無ゆえ実生活では警告する相手がいないのですよ(^0^:
    たびたび失礼しました(^0^)/

  4. こんにちは。
    No.14いいですねー。
    というか、モンブランのヴィンテージはなにか惹かれるものがあります。
    アイボリーのホワイトスター1つ欲しいなぁと常々思っています。
    ところで、一番下の画像『Montblanc White Stars』の右の朱色?の万年筆ってなんですか?
    作家シリーズかなともおもったのですが・・・あんな色はヘミングウェイ以外にあったっけ・・・

  5. >がりぃさん
    がりぃさんのブログは、いつも参考にさせていただいています。古典BBはなんだか遺伝子組み換え大豆、みたいな雰囲気があるなあ、と思ってましたが、がりぃさんの科学的検証のおかげで安心して使えそうです。アスコルビン酸も試してみました。おかげさまで快調です。ありがとうございました。
    >takayaさん
    がりぃさんのBBは写真で拝見しただけですが、確かに美しいですねえ。
    コーラルレッドはあれですよ、まだ秘密ですよ! 調整終わったので、そろそろかな……
    >ヒロシさん
    オールドナポリ、半額購入おめでとうございます。赤はいいですよねー。うちのDELTA4姉妹は増殖しまくって今じゃおそ松くんに肩を並べるほどですよ……
    エルバンの香り付きインクはまだ使った事がないのです。ご教授ありがとうございます。何かの香り成分が悪さをするのでしょうか……なんにせよ、気をつけようと思います!
    >Palermoさん
    なぜか数あるヴィンテージ万年筆の中でも、最終的に懐におさまっているのはモンブランなんですよ。不思議なことに。
    赤いのは、モンブランの……ちょっと型番は忘れましたが、デンマーク製のやつです。ホワイトスターにひびが入ってますが、何だかそれもかわいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。