VISCONTI オペラ・マスター デモ レインフォレスト(調整篇)

VISCONTI OPERA MASTER-DEMO "RAIN FOREST/CLEAR"
もうパラジウム確定でいいよね……。
さて、このレインフォレスト、初お目見えの際には無理矢理ペン先ユニットを入れ替えたためか、ペンポイントにかなりの段差がありペン芯もずれていた。自分でうにうにして何とか書けるようにはなったのだが、やはり段差の完全解消は難しく、また時々インクが出なくなる、というまあ見慣れた症状が出ていたので、例によって例のごとく、川窪万年筆さんに調整をお願いした。
ペン先をばらすと、どうもインクを吐き出したあとに空気の戻りが悪いのではないか、というご判断。確かに、インクが出るときは出過ぎるほど出て普通のノートじゃ滲んじゃって裏移りしちゃってヒゲも出る、インクの濃淡など知らぬ、みたいな勢いだったのですごく納得した。
溝(3本あった)を掘りなおしてもらって、ペン芯と上手く合わせてもらって、あとはペンポイントの内側が削れ過ぎだったのをグラインダーで研磨してもらう。インク途切れはかなり改善され、インクフローはそのままに、滑らかな感じに生まれ変わりましたよ。まあヒゲヒゲだけど。満寿屋の原稿用紙に書くと気持ちよくなれる太さ・フロー。ただ、普通のノートだと出すぎかなあ、という感じ。
でも、それはローラー&クライナーのヴァーディグリーズ使ってるからしょうがないのかも。このインクは、色味(書いた瞬間は緑っぽく、乾くとダークブルーに変化する)はものすごく好きだしフローもいいし、新しい万年筆にはしばらくこれを入れてペン先が自分の書き癖に馴染むのを待ってるくらいなんだけど、ヒゲ・裏抜けがしやすい傾向があるようだ。とりあえずモールスキンとかでも、そこそこのフローなら問題ないんだが。
しかし、これはさらりとしていてかなりいいインク。いい匂いもするし。太字のペンを買ってペンポイントが書き癖に合わずにインクスキップなどが発生する場合、これを使えばかなり改善される(私の場合は)。とりあえず唯一まとめ買いしているインク(太字に入れるからすぐなくなる)ブルーブラック系では一番好きな色でもある、これをブルーブラックと定義してもよければだが。洗うと赤系の色が出るんだよなーインク事態は全然赤光りなんかしないのに。
それにしても、日本で輸入代理店が決まってよかったなあ(Hokushin楽天市場店)3本程度まで送料500円ですってさ。海外通販とどっちが安いのかは微妙なところだな。
インクの話はさておいて、調整済みとなったパラジウムの書き味はといえば、「面白いです」
ペン先は大きく、ボディも大振りなのでリアヘビー好きの私には理想的な形といえる。試しにキャップを後ろにつけたままかいてみたら爆笑。後ろに、後ろにひっぱられる! これはキャップをつけずに使うものだと思った。軸に傷が付いても厭だし。
巨大なペン先がしなると、確かにM1000に良く似た書き味になる。ビスコンティの方が、穂先が長い分自由度が高い感じかな? 「ふわっとした」という形容詞が一番近いような気がする。筆圧で字幅に変化が付けられそう。ビンテージのオノトとかに近い毛筆感。ニブがでかい分、それが増幅されている感じ。でも繊細すぎるわけでもない。イタリアっぽい寛容さというか、適当さというか……オノトの気難しい部分がなくなって、いかにも「現代のビンテージっぽい書き味」が出ているのではないでしょうか。あくまで主観ですが。そもそも、普通のビスコンティのニブ、使った経験がないからなー……
あと、インナーキャップが結構立派で、キャップを閉めるときペン先が当たる当たるwwwそのたびにびくっとなって心臓に悪い。机に向かって、どっしり構えて、平静な心で使うペンだと思った。角ばってるボディというのはフィット感どうなのよ、と思ってたけど、キャップが転がらないし意外と馴染みもよかった。
ダブルタンクパワーフィラーとやらも、フローが良すぎる分すぐにインクがなくなっちゃうんだが、予備タンクがあるので安心。すごいぞダブルタンク。まるでゼロ戦の翼の下にある燃料タンクのようだよ……
先日靖国神社に行ったときに、ビルマ戦線の遺品が並んでるガラスケースの中に、蒔絵っぽい万年筆があった。国産の黒塗りボディで、キャップが閉まってたからペン先は確認できなかったけど。
現代の万年筆とその当時の万年筆では立ち位置が違うとは思うけど、その万年筆は、ちょっと高級そうでデザインなんかも凝っていて、なんか変な連帯感があった。実用品+αとして愛用されてたんじゃないかという妄想を書き立てられるような。
Xperiaで撮ったその写真。見づらいが中央辺りの黒い棒が万年筆。
IN Yasukuni
実用という面ではちょっとあれだけど、レインフォレスト、やっぱりいい万年筆だった。フローをちょっと絞ってもらえばいいんだろうけど、なんか負けた気がするからやらない。自分に合うようにペンポイントを削ってもらえば歩み寄りなど待たずに無理矢理引き寄せられるんだろうけど、やっぱりそれもなんか負けた気がするからやらない。
ベストな状態に調整してもらったので、あとは時間をかけてゆっくり育てる。最近、そんな喜びに目覚めました。
IN Yasukuni
靖国神社の鯉はまるまる太っていた。食いすぎ。蒔絵っぽかった金色のやつ。

VISCONTI オペラ・マスター デモ レインフォレスト(調整篇)」への7件のフィードバック

  1. パラジウム確定でいいと思います。
    はじめまして、深崎さんのブログでPenの魔道に堕ちたhiroと申します。
    このブログで見たレインフォレストの美しさに惚れ込み、イタリアのNovelliで
    発注、本日見事にへしゃげたFedexの箱に入って届きました。
    中身が心配だったのですが、ざっと見た限りでは大丈夫そうです。これも海外
    通販の醍醐味でしょうか・・・
    さて、肝心のニブですが、私のレインフォレストも深崎さんのと同じ刻印がさ
    れておりました。クリップには「PALLADIUM NIB 23KT.PD950 DREAMTOUCH」と書
    かれた紙が挟んであり、IDカードには「Gold 18K」と記載された上に「23KT.
    PD950 Dreamtouch」のシールが貼ってあります。
    ビスコンティはパラジウムニブを全面的に採用していくようですので、その一環
    なのでしょうかね。それにしても在庫品までニブが付け替えてあるのには驚きま
    した。(取り寄せだったからでしょうか)
    これからステュピラのグリーンを入れてDREAMTOUCHを味わいたいと思います。
    書き込みは苦手ですが、これからも物欲魔道に迷う人の性を楽しみに拝見させて
    いただきます。

  2. 深崎様、hiro様
    ニブの付け替え、なんか納得できませんね。
    私も海外通販は良く利用しますが、USからは大きなトラブルは経験したことがありませんが、イギリスとイタリアからでは良い想い出がありません。イギリスからではまず不良品しか来ませんし、イタリアからではそもそも物が届きません(笑)。従って、イタリアからの通販で物が届いたというだけで私は羨ましいです。

  3. ビスコンティはゴッホのトラモントかエメラルドが欲しいいいい、と思ってましたがトラブル多いとかで躊躇してたんですよね。
    自分は白山住みなんで千石まで一駅だから何かあっても怖くないじゃん、とか思いはじめてる自分が嫌。

  4. 自分は最近調整などというものを嗜み程度にやっているので、通販で少々具合の悪い物が届いても自分で直せばいいじゃんと思えるのが危険。
    しかし深崎様のレポ読めば読むほど理性のハードルがどんどん低くなる音が聞こえるのは気のせいにしたいですね。
    だってウチのふわふわデルタチタンニブも使えば使うほどお気に入りになりつつあるのですもの。

  5. >hiroさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    hiroさんの所もとなると、本気でビスコンティはパラジウムを広めるつもりなんですね……在庫品も取り替えるとか、太っ腹なのか余計なお世話なのか……面白いからいいようなものの。
    しかし、ユーロ安いですね。羨ましいw スティピュラのグリーンも美しそうです。是非レビューなどお願いしますね。あと万年筆の泥沼には入るべくして入ってしまったんだと思います! hiroさんの背中を押せて嬉しいですwww
    >nakayaさん
    18Kから14Kとかだったらむかっ腹も立ちますが、今回はパラジウムだからまあいいや、と思うことにします。そういうタイミングだったんだろうな……
    nakayaさんのおかげで、ユーロ安というイタリア通販の誘惑から抜け出せそうです。ありがとうございます。
    >へろへろさん
    海外通販のリスクは、値段の安さ+千石での調整費でトントン、と考えています。相当ひどいのがこない限り大丈夫ではないかとタカを括っているのですが、へろへろさん、いかがですか?(誘惑)
    エメラルド、レモン社で見かけましたが綺麗でした。確かにゴッホならあれが一番欲しいかなー……
    >ardbeg32さん
    自分で治したらひどいことになったことがあるので、プロに頼みます。だって心臓に悪いもの。でもペン先うにうにとかはしてしまいます……反省しよう。
    そして私をチタンニブに誘惑するのはやめてください!(笑)ふわふわはM1000とレインフォレストとオノトで充分よwww
    いや、でも確かに「どりーむたっち」ですよ。面白いペンです。ただレインフォレストを買ってパラジウムが付いてくるかは賭けですが……

  6. ご無沙汰しております。今朝はヴィスコンティの2000年のミレニアム限定、しかもアメリカのレベッカモスという文具店限定で作られた万年筆の到着を今や遅しと待っておりますwww
    レインフォレスト、この前モリタで触ってきましたが、私にはやっぱりでかすぎました。今日届くレベッカモスはゴッホのマキシとほぼ同じ大きさとのこと、どうなることやら。
    ちなみにこれでヴィスコンティは3本目です。
    あ、そうだ、先日無事ドルチェビータバーメイルをやっと買いましたよ!ペンアンドメッセージで調整してもらって、ご機嫌で使っています。
    またぼちぼちコメントしますんでよろしく♪

  7. >ウサっ子三昧さん
    お久しぶりです。レベッカモス、そろそろ届きましたか? やはりお色はバーガンディでしょうか。
    レインフォレスト、巨大なのになぜか手になじみます。ドルチェビータ使えれば全然大丈夫ですよ、多分。
    こちらこそ、またよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。